ソフトバンク

【ネットでもOK!ソフトバンクでのプラン変更のやり方】できない場合の対処法も解説!

ソフトバンクでプラン変更したいんだけど、どうやってやるんだろう?

こんな疑問にお答えします。

ソフトバンクでは、ショップはもちろんのことネットや電話などでも、プラン変更が可能となっていますが、プラン変更をするにあたって注意点も存在します。

そこでこの記事では、

本記事の内容

  • プラン変更をするにあたっての注意点
  • プラン変更には何が必要なのか
  • プラン変更のやり方
  • プラン変更ができない場合の対処法

など、ソフトバンクのプラン変更のやり方について解説していきます。

\ 公式サイトはこちら /

ソフトバンクでプラン変更をするにあたって

ソフトバンクでプラン変更をするにあたって、

  • 事務手数料はかかるのか
  • 違約金がかかったりしないのか

と気になっている方も多いかと思います。

そこでまずは、プラン変更する際手数料や違約金はかかるのかについて説明していきます。

プラン変更には手数料はかからない

変更手数料はかかりませんのでご安心ください。

引用元:ソフトバンク

ソフトバンクでは、プラン変更を行う際に手数料はかかりません。

ソフトバンク公式サイトにも、上記のように記載されています。

ソフトバンクでは無料でプラン変更ができるので、手数料を気にする必要はありません。

新プランへのプラン変更は違約金はかからない

プラン変更をするにあたって、違約金はかからないのか気になっている方も多いかと思います。

新規申し込み受け付けを終了する料金プランから新料金プランへ変更する場合は、利用期間にかかわらず契約解除料はかかりません

引用元:ソフトバンク

結論から言うと、契約期間が設定されているプラン(旧プラン)を利用している場合でも、新プランへのプラン変更であれば違約金はかかりません。

ソフトバンクでは現在、契約期間なしのプラン「基本プラン」が主流となっており、旧プランから新プランの「基本プラン」にプラン変更する場合、違約金なしでプラン変更することができます。

関連記事
【ソフトバンクの新プランは違約金なし】プラン変更で契約解除料無料!

ソフトバンクでは、どんな時にいくら違約金がかかるんだろう? あと、違約金なしで乗り換えする方法も知りたい。 こんな疑問にお答えします。 結論から言うと、現行のソフトバンクの料金プランは違約金なしとなっ ...

続きを見る

ソフトバンクでプラン変更する際の注意点

ソフトバンクでのプラン変更時には、下記のような注意点が存在します。

注意点

  • 割引がなくなる場合がある
  • 学割が終了する場合がある

注意点も理解した上で、プラン変更を行いましょう。

プラン変更をすると割引がなくなる場合がある

新規受付が終了している旧プランから、基本プランにプラン変更すると、月月割の適用が終了します。

月月割とは、機種変更などで機種を購入した場合、ソフトバンクの月々の利用料金が24ヶ月の間一定額が割引になるサービスです。

月月割の適用が終了すると、ソフトバンクの月々の利用料金が高くなってしまいます。

そのため、現在月月割が適用中の場合は、基本プランにプラン変更すると月月割の適用が終了するということは理解しておく必要があります。

2019年9月12日をもって月月割の新規受付は終了しています。

プラン変更をすると学割が終了する場合がある

ソフトバンクでは毎年、学割を実施しています。

学割には、対象プランを利用することなどの適用条件が設定されており、学割対象外のプランにプラン変更してしまうと、学割の適用は終了となってしまいます。

そのため、学割適用中でプラン変更を考えている方は、プラン変更することによって学割の適用が終了しないか、しっかりと確認したほうがいいでしょう。

ソフトバンクでプラン変更をする際に必要なもの

ソフトバンクでプラン変更を行う場合、どこで手続きを行うかで必要なものが異なります。

プラン変更窓口 必要なもの
ネットの場合 SoftBank ID(ソフトバンクの携帯電話番号または英数字のID)、パスワード
電話の場合 携帯電話番号、4桁の暗証番号
ソフトバンクショップの場合 本人確認書類

そのため、プラン変更を行う前に、それぞれ必要なものを用意しておきましょう。

関連サイト:My SoftBankのパスワードを忘れた場合

関連サイト:暗証番号がわからない場合

関連サイト:本人確認書類

ソフトバンクでのプラン変更のやり方

ここからは、ソフトバンクでプラン変更をするやり方について説明していきます。

  • オンライン(ネット)での変更方法
  • 電話での変更方法
  • チャットでの変更方法
  • ソフトバンクショップでの変更方法

ソフトバンクでは、上記の複数の方法でプラン変更を行うことができるようになっているので、それぞれ詳しく手順を解説していきます。

オンライン(ネット)でのプラン変更方法

  • My SoftBankでのプラン変更
  • My SoftBankアプリでのプラン変更

ソフトバンクでは、上記の方法でネットからプラン変更を行うことができます。

手順については、下記より解説していきます。

My SoftBankでのプラン変更方法

画像引用元:ソフトバンク

【手順1】
My SoftBankにログインし、利用したいプランを選択

関連サイト:My SoftBank

画像引用元:ソフトバンク

【手順2】
利用したい通話オプションを選択

画像引用元:ソフトバンク

【手順3】
テザリングオプションを利用するかどうか選択

画像引用元:ソフトバンク

【手順4】
セキュリティパックを利用するかどうかを選択

画像引用元:ソフトバンク

【手順5】
注意事項を確認し、「変更内容を確認する」をタップ

画像引用元:ソフトバンク

【手順6】
変更内容を確認して「同意する」にチェックし、「申し込み」をタップするとプラン変更完了

変更後のプランは翌請求月から適用となります。

My SoftBankアプリでのプラン変更方法

画像引用元:ソフトバンク

【手順1】
スマホの「My SoftBankアプリ」をタップ

画像引用元:ソフトバンク

【手順2】
画面下部の「照会・設定」をタップ

画像引用元:ソフトバンク

【手順3】
「プラン・オプション」の内容をタップ

画像引用元:ソフトバンク

【手順4】
「プランを変更する」をタップ

画像引用元:ソフトバンク

【手順5】
利用するプランを選択し「変更内容を確認する」をタップ

画像引用元:ソフトバンク

【手順6】
「同意して申し込む」をタップ

画像引用元:ソフトバンク

【手順7】
受付完了画面が表示される

変更後のプランは翌請求月から適用となります。

電話でのプラン変更方法

電話でプラン変更を行う場合、契約者本人がソフトバンクカスタマーサポートに電話をかけるようになります。

その際、下記のものが必要になるので、電話をかける前に用意しておきましょう。

  • 携帯電話番号
  • 契約時に決めた4桁の暗証番号

※暗証番号がわからない場合は「こちら」から確認可能です

ソフトバンクカスタマーセンターに電話をかけると、音声ガイダンスが流れるので指示に従ってメニュー番号をプッシュしていくと、オペレーター繋がります。

オペレーターに繋がったら、プラン変更がしたい旨を伝えてプラン変更を行いましょう。

また、音声ガイダンスのメニュー番号は、下記のサイトで確認することができます。

関連サイト:ソフトバンク「電話で問い合わせをする(総合案内)」

ソフトバンクカスタマーサポート

  • 電話番号(ソフトバンク携帯電話から):157
  • 電話番号(一般電話などから):0800-919-0157
  • 通話料:無料
  • オペレーター受付時間:午前10時から午後7時まで(年中無休)

チャットでのプラン変更方法

チャットでプラン変更を行う場合、契約者本人がチャットサポートより問い合わすようになります。

また、オペレーター対応時間は「9:00~20:00(年中無休)」となっているので、問い合わせの際はご注意ください。

関連サイト:ソフトバンク「チャットサポート」

ソフトバンクショップでのプラン変更方法

ソフトバンクショップなど店頭でプラン変更を行う場合、契約者本人が本人確認書類を持って、最寄りのソフトバンクショップに行くようになります。

+ 本人確認書類一覧

本人確認書類 詳細
運転免許証
  • 顔写真、現住所が記載で各公安委員会発行で有効期限内のもの(国際免許証不可)
  • 確認書類の現住所と異なる場合は住民票やご本人さま宛の現住所記載の公共料金領収書などが必要(発行日から3ヵ月以内のもの)
日本国パスポート
  • 日本国政府発行の顔写真、氏名、生年月日、現住所が記載で有効期限内のもの
  • 確認書類の現住所と異なる場合、または住所記載欄がない場合は、住民票やご本人さま宛の現住所が記載されている公共料金領収書などが必要(発行日から3ヵ月以内のもの)
個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 顔写真、氏名、生年月日、現住所が記載で有効期限内のもの
  • マイナンバーの通知カードは本人確認書類として受付不可(補助書類としても受付不可)
  • 確認書類の現住所と異なる場合は、住民票やご本人さま宛の現住所記載の公共料金領収書などが必要(発行日から3ヵ月以内のもの)
身体障がい者手帳/療育手帳/精神障がい者手帳
  • 氏名、生年月日、現住所が記載のもの
  • 有効期限の記載のあるものについては有効期限内であるもの
  • 写真貼付欄があるものについては、写真貼付があるもの
  • 確認書類の現住所と異なる場合は住民票やご本人さま宛の現住所記載の公共料金領収書などが必要(発行日から3ヵ月以内のもの)
在留カード(旧 外国人登録証明書)+外国パスポート
  • 氏名、生年月日、住所が記載で有効期限の記載があるものは有効期限内のもの
  • 在留資格が「資格なし」の場合は受付不可
健康保険証+補助書類
  • 健康保険証は氏名、生年月日、住所が記載のもので、有効期限の記載があるものについては有効期限内であるもの
  • 国民健康保険証の場合、保険証発行元の市区町村と申込住所の市区町村が同一であること
  • 補助書類(後述)が必要(発行日から3ヵ月以内のもの)
年金手帳+補助書類
  • 氏名、生年月日、住所が記載で有効期限の記載があるものは有効期限内のもの
  • 表紙がブルーの年金手帳は「住所欄」がないため受付不可
  • 補助書類(後述)が必要(発行日から3ヵ月以内のもの)
補助書類
住民票記載事項証明書(原本)
  • 個人番号(マイナンバー)は印字なしで発行のこと
  • 発行から3ヵ月以内のもの
公共料金領収書または官公庁発行の印刷物
  • 電気・ガス・水道・NHK受信料などの受領書(住所の記載があり、領収印があるもの)
  • 納税通知書・納税証明書・印鑑証明書などの書類(発行元の官公庁名の印字があるもの)
  • 発行から3ヵ月以内のもの

また、ソフトバンクショップに来店する前には、スムーズに手続きができるように、来店予約をしておいたほうがいいでしょう。

関連サイト:ソフトバンク「かんたん来店予約」

ソフトバンクでプラン変更をキャンセルする方法

プラン変更手続きをしたんだけど、やっぱり元のプランに戻したい・・・
プラン変更のキャンセルってできないのかな?

ソフトバンクでは、プラン変更をキャンセルすることも可能で、下記よりキャンセル手続きを行うことができます。

  • ソフトバンク総合案内(電話)
  • ソフトバンクショップ(店舗)

ただし、プラン変更がキャンセルできるのは、変更後のプランが適用される前日までです。

例えば、適用開始日が「11日」で9月20日にプラン変更した場合、10月10日までであればプラン変更のキャンセルが可能です。

適用開始日の確認方法

ソフトバンクでは、請求締め日は3種類あり、請求締め日によってプラン適用開始日が異なります。

請求締め日 適用開始日
10日 11日
20日 21日
月末 1日

請求締め日はユーザーによって異なるため、まずは自分の請求締め日を確認しましょう。

自分の請求締め日は、My SoftBankなどで確認することができます。

詳しくは、下記のサイトをご覧ください。

関連サイト:ソフトバンク「ソフトバンクの請求締め日と支払い期限はいつですか?」

ソフトバンクカスタマーサポートでのプラン変更キャンセル方法

ソフトバンクカスタマーサポートでプラン変更キャンセル手続きを行うには、ソフトバンクカスタマーサポートに電話をかけて、オペレーターに対応してもらう必要があります。

ソフトバンクカスタマーサポートに電話をかけると、音声ガイダンスが流れるのでガイダンスに従って、短縮番号をプッシュしていくと、オペレーターに繋がります。

オペレーターに繋がったら、プラン変更をキャンセルしたい旨を伝えましょう。

また、音声ガイダンスのメニュー番号は下記のサイトで確認することができます。

関連サイト:ソフトバンク「電話で問い合わせをする(総合案内)」

ソフトバンクカスタマーサポート

  • 電話番号(ソフトバンク携帯電話から):157
  • 電話番号(一般電話などから):0800-919-0157
  • 通話料:無料
  • オペレーター受付時間:午前10時から午後7時まで(年中無休)

契約時に決めた4桁の暗証番号が必要になるので、事前に用意しておきましょう。
また、契約者本人が電話をかける必要があります。

ソフトバンクショップでのプラン変更キャンセル方法

ソフトバンクショップでプラン変更のキャンセル手続きを行うには、最寄りのソフトバンクショップに来店するようになります。

その際、契約者本人が本人確認書類持って来店する必要があります。

また、ソフトバンクショップに来店する前には、スムーズに手続きができるように、来店予約をすることをおすすめします。

関連サイト:ソフトバンク「かんたん来店予約」

ソフトバンクでプラン変更ができない原因と対処法

プラン変更ができないんだけどなんで?

ソフトバンクでプラン変更ができない場合、下記のような原因が考えられます。

プラン変更ができない原因

  • 指定プランへの加入が必要なキャンペーンが適用中
  • 「家族データシェア」「データシェアプラス」に加入中
  • プラン変更を受付中

上記に該当するような場合、My SoftBankではプラン変更を行うことができません。

詳しくは、下記より解説していきます。

指定プランへの加入が必要なキャンペーンが適用中

指定されたプランへの加入が必要なキャンペーンが適用されている場合、My SoftBankではプラン変更ができません。

このような場合、ソフトバンクショップであればプラン変更ができます。

しかし、プラン変更を行うと適用中のキャンペーンが終了する可能性があるので、その点にはご注意ください。

また、適用中のキャンペーンはMy SoftBankで確認することができます。

関連サイト:My SoftBank

「家族データシェア」「データシェアプラス」に加入中

「家族データシェア」「データシェアプラス」の子回線に加入中の場合は、My SoftBankからではプラン変更ができません。

このような場合には、ソフトバンクショップに行ってプラン変更を行う必要があります。

プラン変更を受付中

プラン変更を行いプラン変更が適用される前に、再度プラン変更がしたい場合には、My SoftBankからでは手続きができません。

このような場合、ソフトバンクショップに来店すれば、プラン変更が行えます。

ソフトバンクのプラン変更のやり方・まとめ

まとめ

  • ソフトバンクではプラン変更で手数料がかかることはない
  • 新プランへのプラン変更であれば違約金はかからない
  • プラン変更すると適用中の割引や学割が適用終了となる可能性がある
  • どこでプラン変更するかで必要なものが異なる
  • プラン変更はショップだけでなくネットや電話などでも行える
  • プラン変更をキャンセルしたい場合は電話やショップで手続きができる

-ソフトバンク
-, ,

© 2021 SIMモバ