ソフトバンク

【月額980円!ソフトバンクのスマホデビュープランを解説】対象機種や適用条件も紹介!

ソフトバンクのスマホデビュープランってどういうプランなんだろう?
あと、スマホデビュープランにすると月々の利用料金はどうなるのかも知りたい。

こんな疑問にお答えします。

スマホデビュープランとは、ガラケーからスマホデビューする方にぴったりの料金プランです。

しかし、スマホデビュープランには注意点もあるので、利用を検討している方はその点も理解しておきましょう。

そこでこの記事では、

本記事の内容

  • スマホデビュープランにすると月々の利用料金はどうなるのか
  • スマホデビュープランの適用条件
  • スマホデビュープランの対象になる機種
  • スマホデビュープランのプラン内容
  • スマホデビュープランを利用する際の注意点

など、ソフトバンクのスマホデビュープランについて解説していきます。

\ 公式サイトはこちら /

ソフトバンクのスマホデビュープランについて

ソフトバンクではスマホデビュープランという料金プランがあり、下記のような場合にはぴったりの料金プランとなっています。

  • ガラケーからスマホに変更する場合
  • 子供に初めてスマホを持たせる場合

スマホのプランと言うと、料金が高いというイメージがある方も多いかと思いますが、スマホデビュープランはソフトバンクの中で最も安い料金プランとなっており、月額980円~(税込1,078円~)利用することができます。

スマホデビュープランの料金イメージ
2~13ヶ月目 14ヶ月目以降
基本プラン(音声) 980円
(税込1,078円)
980円
(税込1,078円)
データプラン1GB(スマホ) 1,500円
(税込1,650円)
1,500円
(税込1,650円)
通話オプション 800円~1,800円
(税込880円~1,980円)
800円~1,800円
(税込880円~1,980円)
1年おトク割 -1,000円(税込-1,100円)×12ヶ月
-
小容量割※1 -1,300円
(税込-1,430円)
 -1,300円
(税込-1,430円)
月々の利用料金 980円~1,980円
(税込1,078円~2,178円)
1,980円~2,980円
(税込2,178円~3,278円)

※1:スマホデビュープラン、「準定額オプション+」または「定額オプション+」への加入が必要
※機種代金含まない
※初月は契約日から日割り

スマホデビュープランには「1年おトク割」と「小容量割」を適用させることができ、両方の割引が適用された場合に、月額980円(税込1,078円)で利用することができます。

ただし、1年おトク割の適用が終了する14か月目以降は1,000円(税込1,100円)の割引がなくなるため、月額980円(税込1,078円)で利用することはできなくなります。

また、スマホデビュープランはスマホを月々980円(税込1,078円)で使える非常にお得な料金プランですが、適用条件が設定されているため、利用するには適用条件を満たす必要があります。

スマホデビュープランの適用条件やプラン内容については、下記より詳しく解説していきます。

関連記事
【ソフトバンクの1年おトク割・半年おトク割を解説】適用条件や注意点も紹介!

1年おトク割・半年おトク割ってどういう割引なんだろう? あと、適用されたら月々の携帯代はどれくらいになるのかも知りたい。 こんな疑問にお答えします。 1年おトク割・半年おトク割は条件を満たすと、「1年 ...

続きを見る

スマホデビュープランの適用条件

スマホデビュープランでは、「データプラン1GB(スマホ)」というデータプランを利用するようになりますが、データプラン1GB(スマホ)には適用条件が設定されています。

つまり、スマホデビュープランを利用するには、データプラン1GB(スマホ)の適用条件を満たす必要があります。

また、適用条件は、

  • 新規契約時にスマホデビュープランに申し込む
  • 他社からソフトバンクへの乗り換え時・機種変更時にスマホデビュープランに申し込む

上記どちらなのかによって異なるため、詳しくは下記より解説していきます。

新規契約の適用条件

ソフトバンク新規契約時に、スマホデビュープランに申し込みたい場合、下記の適用条件を満たす必要があります。

適用条件

  • 回線の使用者が5歳以上15歳以下であること
  • 購入する機種が対象機種(iPhone・Android)であること

他社からソフトバンクへ乗り換え・機種変更時の適用条件

他社からソフトバンクへ乗り換える際、またはソフトバンクで機種変更を行う際に、スマホデビュープランに申し込みたい場合、下記の適用条件を満たす必要があります。

適用条件

  • 購入する機種が対象機種(iPhone・Android)であること
  • 乗り換え前・機種変更前に使用していた機種が対象機種であること

※のりかえの場合:他社の携帯電話(フィーチャーフォン)、PHS又はキッズ向けケータイ
※機種変更の場合:ソフトバンク携帯電話(フィーチャーフォン)、キッズフォン、みまもりケータイ又はあんしんファミリーケータイ

スマホデビュープランの対象機種

スマホデビュープランを利用する場合、対象となる機種を購入する必要があります。

対象機種

  • iPhone
  • Android

といっても、具体的に機種が指定されているわけではなく、iPhoneまたはAndroidスマホが対象となっているので、あまり気にする必要はないでしょう。

スマホデビューにおすすめのスマホ

ちなみに、スマホデビューされる方には、下記のスマホがおすすめです。

  • 初心者向け:シンプルスマホ5
  • 初心者向け:arrows U
  • iPhoneがいいなら:iPhone SE(第2世代)

シンプルスマホ5やarrows Uは使いやすい機種となっており、スマホ初心者の方にはおすすめの機種で、価格もさほど高くはありません。

また、iPhoneが使いたいということであれば、コンパクトで低価格なiPhone SE(第2世代)がおすすめです。

関連サイト:ソフトバンク「製品情報」

スマホデビュープランの通話料

スマホデビュープランでは、下記の通話オプションに加入することができます。

どちらの通話オプションに加入するかで、オプション料金とかけ放題の時間が異なります。

通話オプション

  • 準定額オプション+:月額800円(税込880円)
  • 定額オプション+:月額1,800円(税込1,980円)

準定額オプション+は、1回5分以内の国内通話がかけ放題になるオプションですが、通話時間が5分を超えると30秒につき20円(税込22円)の通話料が発生します。

定額オプションは、国内通話がかけ放題になるオプションです。

どちらを利用するかは、自分が1ヶ月間にどの程度電話をかけるのかを考えて、選択しましょう。

※一部無料通話の対象外となる通話があります

通話オプションに申し込まないと、小容量割が適用されないのでご注意ください。

月々の高速データ通信容量は1GB

スマホデビュープランでは、月々1GBまでデータ通信を利用することができます。

1GBでできることの目安

  • ウェブサイト閲覧※1:約4,300回
  • メール※2:約20万通
  • LINEのトーク※3:約30万回
  • YouTube※4:約120分

※1:Yahoo!トップページ約230KBの場合
※2:300文字程度のテキストメール約5KBの場合
※3:テキストのみで約3KBの場合
※4:中画質(480p)の場合
※5:あくまで目安であり使用用途などによってデータ消費量は変動します

主な使用用途が、メールやLINEのトークだという場合には、月々1GBで事足りるでしょう。

もし、1GBじゃ足りないということであれば1GBプラスに加入すれば、スマホデビュープランの高速データ通信容量を1GBから2GBに増やすことも可能です。

当請求月に余ったデータ量を翌請求月以降にくりこして利用することはできません。

引用元:ソフトバンク

また、もしデータ容量が余ったとしても、スマホデビュープランではデータ繰り越しができないので、ご注意ください。

ソフトバンクのスマホデビュープランを利用する際の注意点

月額980円(税込1,078円)で利用できるスマホデビュープランですが、利用するにあたって注意点も存在します。

注意点

  • ずっと月額980円(税込1,078円)で使えるわけではない
  • 月額980円(税込1,078円)には機種代金は含まれていない
  • スマホデビュープランと併用できない割引がある
  • データ消費量が1GBを超えると通信速度制限がかかる
  • 小容量割の適用が終了となる場合がある
  • スマホデビュープランはみんな家族割+の割引対象外

そのため、注意点も理解した上で、スマホデビュープランを利用するかどうか決めたほうがいいでしょう。

ずっと月額980円で使えるわけではない

スマホデビュープランは、最安値で月額980円(税込1,078円)で利用することができますが、今後もずっと月額980円(税込1,078円)で利用することができるわけではありません。

というのも、1年おトク割の適用が終了するためです。

1年おトク割には、12ヶ月間という適用期間(2ヶ月目~13ヶ月目)があり、適用期間終了後は1年おトク割は適用されなくなります。

つまり、1年おトク割の適用が終了となる14ヶ月目以降は、月額料金が1,000円(税込1,100円)高くなり、スマホデビュープランの月額料金は「1,980円(税込2,178円)」となります。

そのため、スマホデビュープランが月額980円(税込1,078円)で利用できるのは、1年おトク割が適用される1年間(2ヶ月目~13ヶ月目)だけということは理解しておきましょう。

月額980円には機種代金は含まれていない

ソフトバンク公式サイトでは、スマホデビュープランは月額980円(税込1,078円)で利用できると記載されています。

しかし、この月額980円(税込1,078円)という金額はスマホデビュープランの月額料金であり、機種代金は含まれていません。

そのため、実際は

  • スマホデビュープランの月額料金
  • 機種代金

上記を合算した金額が月々の利用料金として請求されます。

機種代金も含めて月額980円(税込1,078円)で利用できると勘違いしていると、請求額を見て混乱することにもなりかねないので、月額980円(税込1,078円)という金額には機種代金は含まれていないということは理解しておきましょう。

機種代込みの料金シミュレーションもできる

ちなみに、ソフトバンク公式サイトでは、機種代金込みのスマホデビュープランの料金シミュレーションができるようになっています。

ソフトバンクで使用する機種を選択するだけで、簡単に月々の支払い額を確認することができます。

関連サイト:ソフトバンク「スマホデビュープラン」

データ消費量が1GBを超えると通信速度制限がかかる

スマホデビュープランは、高速データ通信容量が1GBしかありません。

1GBというとかなり容量が少なく、例えばYouTubeで動画を観るとすぐに使いきってしまいます。

もし、1GBすべて使い切ってしまうと通信速度制限がかかり、通信速度が低速化します。

こうなると、ウェブサイトの表示に時間がかかったり、通信速度が遅いために利用できないコンテンツもでてきます。

そのため、スマホデビュープランでは高速データ通信容量の消費が激しいコンテンツの利用は控えたほうがいいでしょう。

どうしても、動画など高速データ通信容量の消費が激しいコンテンツを利用したいのであれば、Wi-Fiに接続して利用するか、スマホデビュープランではなく高速データ通信容量が多いプランを検討したほうがいいでしょう。

小容量割の適用が終了となる場合がある

スマホデビュープランでは、小容量割を適用することができます。

小容量割は、「準定額オプション+」または「定額オプション+」いずれかの通話オプションに加入した場合に適用されます。

しかし、下記に該当する場合、小容量割の適用が終了となります。

  • 電話番号・メールアドレスお預かりサービスへ加入した場合
  • 契約回線を解約した場合
  • 対象料金サービスの全部または一部を解除、変更その他の理由により終了した場合

小容量割の適用が終了すると、月々1,300円(税込1,430円)の割引がなくなるため、スマホデビュープランの月額料金が高くなるのでご注意ください。

スマホデビュープランと併用できない割引がある

スマホデビュープランを利用する場合、一部併用できない割引が存在します。

併用できない割引

  • おうち割光セット
  • ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典の特典B(データ定額サービスの定額料割引)
  • ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラムの特典B(通信料金の割引)

スマホデビュープランはみんな家族割+の割引対象外

ソフトバンクを利用している方の中には、「みんな家族割+」が適用されている方もいるかと思います。

ですが、スマホデビュープランはみんな家族割+の割引対象になっていません。

ソフトバンク公式サイトにも、下記のように記載されています。

「データプランミニフィット」、「データプランミニ」、「データプラン1GB(スマホ)」、「データプラン1GB(ケータイ)」、「データプラン100MB」、「データ定額ミニモンスター」、「データ定額スマホデビュー」の定額料からは、割引されません。

引用元:ソフトバンク

スマホデビュープランでは、「データプラン1GB(スマホ)」というデータプランを利用するようになりますが、上記の通りデータプラン1GB(スマホ)はみんな家族割+の割引対象外となっています。

スマホデビューならワイモバイルもおすすめ

スマホデビュープランは、最高でも2GBしか使えないのか。
スマホにしたら、色んなアプリとか使ってみたいんだけどなぁ・・・

このようなスマホを色々活用したいと考えている方は、ソフトバンクではなくワイモバイルを利用してみてはいかがでしょうか。

ワイモバイルには、下記の3つの料金プランがあり、どれもソフトバンクのスマホデビュープランより高速データ通信容量が多いプランとなっています。

画像引用元:ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクと回線を共有している格安SIMなので、ソフトバンクとワイモバイルは電波が入るエリアは同じです。

そのため、ソフトバンクを利用している方がワイモバイルに乗り換えても、電波が入らなくて困るということはないかと思います。

ソフトバンクのスマホデビュープランについて・まとめ

まとめ

  • スマホデビュープランはスマホデビューする方にぴったりの料金プラン
  • 月額980円~(税込1,078円~)利用することができる
  • スマホデビュープランには適用条件がある
  • iPhone・Androidがスマホデビュープランの対象機種
  • スマホデビューならシンプルスマホなど使いやすくて価格が安いスマホがおすすめ
  • 「5分かけ放題」または「完全かけ放題」の2つから通話オプションを選択できる
  • 月々に使用できる高速データ通信容量は1GB
  • 1年おトク割適用終了後は月額料金が1,000円(税込1,100円)高くなる
  • 月額980円(税込1,078円)で利用できるもののこの金額には機種代金が含まれていない
  • 高速データ通信容量1GBを使い切ると通信速度が低速化する
  • スマホデビュープランと併用できない割引がある
  • スマホデビュープランの月額料金はみんな家族割+で割引されない

-ソフトバンク
-,

© 2021 SIMモバ