ソフトバンク

【ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える最適なタイミングはいつ?】ゆとりをもっての乗り換えがおすすめ!

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換える最適なタイミングが知りたい。

こんな疑問にお答えします。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは、ソフトバンクの機種代金の支払いが終わっている状態で、ソフトバンクの請求締め日付近にワイモバイルが利用できるように乗り換えるのが、最適なタイミングと言えます。

ただし、ソフトバンクの請求締め日は複数あるので、まずは自分の請求締め日はいつなのか把握しておいたほうがいいでしょう。

そこでこの記事では、

本記事の内容

  • ソフトバンクの請求締め日の確認方法
  • ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える最適なタイミング
  • タイミングを見計らって乗り換えをする際の注意点

などについて解説していきます。

\ 公式サイトはこちら /

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるタイミングを知る前に

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるタイミングを知る前に、ソフトバンクの請求締め日と、ワイモバイル契約初月の月額料金について理解しておきましょう。

ソフトバンクの請求締め日について

ソフトバンクからワイモバイルへの最適な乗り換えのタイミングを知りたいなら、まずはソフトバンクの請求締め日について理解しておきましょう。

何故なら、最適なタイミングでワイモバイルに乗り換えるためには、ソフトバンクの請求締め日が重要だからです。

ソフトバンクの請求締め日

  • 10日
  • 20日
  • 末日

ソフトバンクには3通りの請求締め日があり、請求締め日はソフトバンク側で決定されるので、ユーザーが選ぶことはできません。

そのため、請求締め日がいつなのかについては、各自で確認する必要があります。

+ 請求締め日確認方法

画像引用元:ソフトバンク

【手順①】
請求締め日を確認したい電話番号で「My SoftBank」にログイン

【手順②】
「料金・支払い管理」の「請求先情報」の項目の「請求締日」で確認可能

ソフトバンクの請求締め日がいつなのかについては、My SoftBankなどで確認することができるようになっているので、まずは自分の請求締め日を把握しておきましょう。

ワイモバイル契約初月の月額料金は日割り

次に、ワイモバイル契約初月の月額料金についても理解しておきましょう。

ワイモバイル契約初月の月額料金は、日割りとなっています。

例えば、20日からワイモバイルが利用できるようになった場合、20日から月末までの利用料金を支払うようになります。

ワイモバイルでは、契約初月の月額料金は満額請求されるわけではないので、月途中からワイモバイルを利用し始めたとしても、損をすることはありません。

オプションの中には日割りにならないものもある

ワイモバイルのオプションサービスの中には、契約初月の月額料金は日割りにならないものも存在します。

日割りなしのオプション例

  • データ増量オプション
  • スマートフォン基本パック-S
  • ワイドサポート
  • スマートセキュリティ for Android powered by Norton
  • 請求書発行サービス

※新規契約と同時加入なら初月無料

そのため、ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えと同時に、何かしらのワイモバイルのオプションサービスに加入するのであれば、そのオプションサービスの月額料金は日割りになるのかどうか確認しておいたほうがいいでしょう。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える最適なタイミング

ここからは、ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える最適なタイミングについて説明していきます。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換える最適なタイミングは、下記の通りです。

最適なタイミング

  • ソフトバンクの機種代金の支払いが終わっている
  • ソフトバンクの請求締め日付近
  • 契約更新月を迎えたタイミング

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは、ソフトバンクの機種代金の支払いが終わっている状態で、ソフトバンクの請求締め日付近にワイモバイルが利用できるように乗り換えるのが、最適な乗り換えのタイミングと言えます。

詳しくは、下記より解説していきます。

※キャンペーンでブランド間の乗り換え時にかかる違約金・事務手数料が無料となっているので、キャンペーン期間中は契約更新月や違約金を気にする必要はありません。

ソフトバンクの機種代金の支払いが終わっている

ソフトバンクで機種代金の支払いが残っている場合、機種代金を完済してから乗り換えるのがおすすめのタイミングと言えます。

理由

  • 残債があると2台分の機種代金を支払うようになるため
  • ソフトバンクの機種代金の支払いが高くなる可能性があるため

何故なら、ソフトバンクで機種代金の支払いが残っていると、2台分の機種代金を支払うようになり、場合によってはソフトバンクの機種代金の支払いが高くなるためです。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える際、ワイモバイルで新しく機種を購入すると、

  • ソフトバンクの機種代金の残債
  • ワイモバイルで購入したスマホの機種代金

上記の2台分の機種代金を支払うようになるので、金銭的負担が大きくなってしまいます。

また、ソフトバンクで機種を購入し機種代金を完済していない場合、ワイモバイルへ乗り換えると適用中の割引・キャンペーンが途中で適用終了となってしまうことがあります。

月額料金 6,000円
機種代金 2,300円×24回
月月割 -1,800円×24回
月々の利用料金 6,500円

例えば、ソフトバンクで機種を購入し月月割が適用されている場合、機種代金を含む月々の利用料金は6,500円だったとします。

月月割が適用されることで、機種代金は実質月々500円になりますが、月月割は通話料やデータ利用料などから割引されるもので、機種代金から割引されるものではありません。

画像引用元:ソフトバンク

そのため、月月割適用中にソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えると、月月割の適用が途中で終了するので、割引なしで機種代金を支払っていくようになります。

そうなると、機種代金は全額自己負担となるので、機種代金の支払い額が高くなってしまいます。

このような理由から、ソフトバンクで機種代金の残債がある場合は、機種代金完済以降がワイモバイルへの最適な乗り換えのタイミングと言えます。

ソフトバンクの請求締め日付近でワイモバイルが利用できるように乗り換える

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるタイミングとしては、ソフトバンク請求締め日付近でワイモバイルが利用できるように乗り換えるのが、最適なタイミングと言えます。

何故なら、ソフトバンクは月途中で解約・他社へ乗り換えをしても、月額料金は日割りにはならないためです。

  • ソフトバンク請求締め日:20日
  • ワイモバイル利用開始日:22日

例えば、ソフトバンクの請求締め日が20日で、22日にワイモバイルが利用できるようになった場合、2日しかソフトバンクを利用していないのに月額料金は満額請求されます。

  • ソフトバンク請求締め日:20日
  • ワイモバイル利用開始日:18日

そのため、最適なタイミングで乗り換えがしたいのであれば、上記のようにソフトバンクの請求締め日付近で、ワイモバイルが利用できるように乗り換えるのがおすすめです。

ソフトバンクの請求締め日は、ユーザーによって異なります。

ソフトバンクで契約更新月を迎えたタイミング

ソフトバンクで契約期間が設定されている料金プランを利用しているのであれば、契約更新月期間中がワイモバイルへ乗り換える最適なタイミングと言えます。

何故なら、契約更新月期間中であれば、ワイモバイルに乗り換えるにあたって違約金がかからないためです。

+ 違約金が発生する料金プラン例

  • 通話基本プラン
  • スマ放題・スマ放題ライト
  • ホワイトプラン・標準プラン
  • etc…

契約期間が設定されている料金プランを利用している場合、契約期間内にソフトバンクを解約・他社に乗り換えをすると違約金が発生してしまうので、ワイモバイルへ乗り換える際は契約更新月を確認しておきましょう。

+ 契約更新月確認方法

  1. My SoftBank」にアクセス
  2. 契約内容確認画面で確認可能

確認した結果、ちょうど契約更新月なのであれば、今がソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える最適なタイミングと言えます。

また、ソフトバンクで違約金なしの料金プランに変更しておけば、ワイモバイルへ乗り換える際に、違約金が発生することはありません。

違約金を気にする必要はない

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える場合、契約更新月を気にする必要はありません。

というのも、2021年3月17日よりブランド間の乗り換え時にかかる契約解除料(違約金)・事務手数料は、キャンペーンで無料化されているためです。

そのため、キャンペーン期間中なら違約金を気にせず、ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えることができます。

キャンペーン内容は予告なく変更される可能性があります。キャンペーン内容・終了時期などについては「こちら」でご確認ください。

ソフトバンクの請求締め日ギリギリでのワイモバイルへの乗り換えは注意

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは、ソフトバンク請求締め日付近が最適なタイミングです。

しかし、請求締め日ギリギリでソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるのは、おすすめできません。

何故なら、ソフトバンクの請求締め日までに、ワイモバイルを利用することができない可能性が高いためです。

ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えは、下記のような流れで行うようになり、回線切り替え手続き後に回線が切り替わるとワイモバイルが利用できるようになり、ソフトバンクは自動的に解約となります。

乗り換えの流れ

  1. ワイモバイルの乗り換え手続きを行う
  2. ワイモバイルから商品が届く
  3. 回線切り替え手続きを行う

例えば、ソフトバンクの請求締め日が20日だった場合、請求締め日ギリギリの19日にワイモバイルへの乗り換え手続きを行うと、ワイモバイルの利用開始がソフトバンクの請求締め日に間に合いません。

スケジュール例

  1. 19日:ワイモバイルへの乗り換え手続き
  2. 19日~21日:審査通過・商品発送
  3. 23日:商品到着・回線切り替え

※実際の乗り換えスケジュールとは異なります

このような場合、ソフトバンクを数日しか利用していないのに、月額料金は満額請求されてしまいます。

そのため、ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える場合、請求締め日までにワイモバイルが利用できるように、ソフトバンク請求締め日の1週間前にワイモバイルへの乗り換え手続きを行うなど、ある程度ゆとりをもって乗り換え手続きを行ったほうがいいでしょう。

年末年始など、ワイモバイルへ乗り換えるタイミングによっては、通常よりも商品が届くまで日数を要する時期もあるのでご注意ください。

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるおすすめのタイミング・まとめ

まとめ

  • 機種代金の残債がある場合は完済してからの乗り換えがおすすめ
  • 残債がある状態でワイモバイルで新しくスマホを買うと2台分の機種代金を支払うようになる
  • 乗り換えると適用中の割引・キャンペーンが途中で終了し機種代金が高くなる可能性がある
  • 月途中でワイモバイルに乗り換えてもソフトバンクでは月額料金は満額請求される
  • ソフトバンクの請求締め日付近でワイモバイルが利用できるように乗り換えるのが最適
  • 契約更新月ならワイモバイルへ乗り換えても違約金がかからない
  • キャンペーン期間中ならソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える際の違約金は無料
  • 請求締め日ギリギリでの乗り換えは控えたほうがいい
  • 乗り換えはある程度ゆとりをもって行う

-ソフトバンク
-, ,

© 2021 SIMモバ