ワイモバイル

【対策も!ワイモバイルはデータ(ギガ)繰り越しができない】繰越可能な格安SIMも解説!

ワイモバイルって、データの繰り越しはできるのかな?

こんな疑問にお答えします。

結論から言うと、ワイモバイルではデータの繰り越しはできません。

そのため、高速データ通信容量を無駄にしないように、利用する料金プランを決める必要があります。

そこでこの記事では、

本記事の内容

  • 料金プランの選び方
  • 高速データ通信容量の節約・賢く使用する方法
  • データ繰り越しができる格安SIM

などについて解説していきます。

\ 公式サイトはこちら /

ワイモバイルではデータ(ギガ)繰り越しはできない

ワイモバイルでは、データの繰り越しはできません。

余ったデータ通信量を翌月へくりこすことはできません。

引用元:ワイモバイル

ワイモバイル公式サイトにも、上記のように記載されています。

そのため、ワイモバイルを利用していて、高速データ通信容量が余ったとしても、翌月に繰り越すことはできません。

また、ワイモバイルでは、毎月1日に高速データ通信容量のカウントがリセットされるので、余っているデータ容量は月末までに使い切るようにしましょう。

購入した高速データ通信容量も繰り越し不可

ワイモバイルを利用していて通信速度制限がかかった場合、データ容量を購入すれば通信速度制限を解除することができます。

しかし、購入した高速データ通信容量も翌月に繰り越すことはできません。

そのため、高速データ通信容量を購入する場合には必要な分だけ購入し、月末までに使い切るようにしましょう。

データ容量(ギガ)が無駄にならないプランを選択する

上記の通り、ワイモバイルではデータ繰り越しができないので、高速データ通信容量を無駄にしないためには、ワイモバイルでどの料金プランを利用するのかプラン選びが重要となります。

そのため、まずは自分が1ヶ月間にどれくらい高速データ通信容量を消費するのか把握しておきましょう。

消費データ容量の確認方法

  • ドコモの場合:My docomo
  • auの場合:My au
  • ソフトバンクの場合:My SoftBank

自分がどの程度データ容量を消費しているのかについては、現在利用中の携帯電話会社の契約者専用サイト(アプリ)などで確認ができるようになっています。

過去数ヶ月の消費データ容量を確認し、1ヶ月間に大体どの程度データを消費するかわかったら、シンプルS/M/Lの中から自分にあったプランを選びましょう。

シンプルS/M/L
プランS プランM プランL
3GB 15GB 25GB
月額2,178円 月額3,278円 月額4,158円

※税込

例えば、月々約10GB程度データを消費しているのであれば、シンプルS/M/LのプランMが自分に合ったプランと言えます。

このように、自分がどの程度データ容量を消費するのかを把握した上でワイモバイルに申し込めば、データ繰り越しがなくてもデータの余り過ぎを防ぐことができ、逆にデータ容量が足らなくなることも少なくなるかと思います。

スマホプラン診断も活用する

1日にどれくらいスマホを利用するのか把握しているのであれば、スマホプラン診断も活用してみましょう。

スマホプラン診断では、1日にウェブページをどの程度閲覧するのかなどを入力すれば、自分に合ったプランを診断することができます。

関連サイト:ワイモバイル「スマホプラン診断」

毎月必ずデータ容量(ギガ)が余るならプラン変更をする

ワイモバイルを利用していて、毎月高速データ通信容量が余るようであれば、プラン変更をしたほうがいいでしょう。

プラン変更をすれば、高速データ通信容量余らなくなるだけでなく、月額料金も安く抑えることができます。

例えば、シンプルS/M/LのプランLを利用していて、データ容量が余ることが多いというような場合、高速データ通信容量の少ないプランMに変更しましょう。

そうすれば、高速データ通信容量が余ることも少なくなり、月々の携帯代も安くなります。

また、ワイモバイルのプラン変更のやり方や注意点などについては、下記の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

関連記事
【いつから?ワイモバイルのプラン変更方法と適用のタイミング】キャンセルも可能!

ワイモバイルのプラン変更ってどうやってやるんだろう? あと、プラン変更するにあたって注意点があるなら知っておきたい。 こんな疑問にお答えします。 ワイモバイルでは、ネット(My Y!mobile)など ...

続きを見る

ワイモバイルでデータ容量(ギガ)を節約・賢く使用する方法

ワイモバイルではデータ繰り越しが利用できないので、場合によってはデータ容量を使いすぎてしまい、通信速度制限がかかってしまうことも考えられます。

そこでここからは、ワイモバイルで高速データ通信容量を節約・賢く使用する方法について解説していきます。

Wi-Fiを利用する

ワイモバイルを利用していて高速データ通信容量を節約するなら、Wi-Fiを活用しましょう。

というのも、Wi-Fiに接続していれば、高速データ通信容量を消費しないためです。

例えば、動画を視聴する場合やアプリのアップデートをする場合には、かなりのデータ容量を消費しますが、Wi-Fiに接続していれば高速データ通信容量を消費しないので、データ容量の使いすぎを防ぐことができます。

そのため、自宅だけでなく外出先でもWi-Fiが利用できるのであれば、積極的にWi-Fiを活用しましょう。

また、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、ソフトバンクWi-Fiを利用することができます。

ソフトバンクWi-Fiは、駅や空港だけでなく、カフェや飲食店などのお店でも利用することが可能です。

画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクWi-Fiが利用できるところには、上記のステッカーが貼られているので、探してみましょう。

また、ソフトバンクWi-Fiが利用できるスポットは、下記より検索することができます。

関連サイト:ソフトバンクWi-Fiスポット

自宅のインターネットは「SoftBank 光」か「SoftBank Air」がおすすめ

ちなみに、自宅のインターネット回線の契約を検討しているなら、「SoftBank 光」または「SoftBank Air」がおすすめです。

何故かと言うと、ワイモバイルを利用していて、自宅のインターネット回線を「SoftBank 光」「SoftBank Air」のいずれかにすると、おうち割光セット(A)という割引を適用できるためです。

画像引用元:ワイモバイル

おうち割光セット(A)が適用されると、ワイモバイルの月額料金が安くなるので大変お得です。

おうち割光セット(A)の詳細については、「こちら」をご覧ください。

データ増量オプションを利用する

ワイモバイルではデータ繰り越しはできませんが、高速データ通信容量を増量させることは可能です。

ワイモバイルには、「データ増量オプション」というオプションサービスがあり、データ増量オプションに加入すると利用しているプランに応じて高速データ通信容量が増量されます。

  • シンプルS:3GB→4GB(1GB増量)
  • シンプルM:15GB→18GB(3GB増量)
  • シンプルL:25GB→28GB(3GB増量)

例えば、プランMでは少しデータ容量が足りない、だけどプランLでは多すぎるといったような場合、プランLを利用するよりもプランMにデータ増量オプションをつけたほうが、データ容量を無駄にせず月額料金の面でもお得です。

そのため、プラン選択時に少しデータ容量が足りないと感じる場合、データ容量が多い一つ上のプランを利用するよりも、データ増量オプションに加入するほうが賢い選択と言えます。

増量分のデータ容量はマイページなどから自分でチャージするようになるので、その点にはご注意ください。

データ増量オプションが1年間無料

データ増量オプションは、月額550円(税込)のオプションサービスです。

しかしワイモバイルではキャンペーンを実施しており、キャンペーンが適用されるとデータ増量オプションが1年間無料で利用することができます。

キャンペーンの適用終了後は月額料金が発生するので、不要な場合は解約しましょう。
解約はMy Y!mobileより手続きができるようになっています。

パケットマイレージを活用する

ワイモバイルでは、パケットマイレージというサービスが利用できます。

マイルの貯め方

  • スマホ版Yahoo! JAPANトップページにログイン
  • Yahoo!ショッピングなどで買い物をする
  • パケくじを引く

パケットマイレージとは、貯まったマイルのランクに応じて高速データ通信容量を増やすことができるサービスで、上記のような方法でマイルを貯めることができます。

ランク ブロンズ シルバー ゴールド プラチナ
必要マイル 80~199 200~399 400~599 600
データ容量 +0.5GB +1GB +5GB 無制限

例えば、今月ブロンズランク相当のマイルを貯めた場合、翌月に+0.5GBが進呈されるようになるので、翌月は500MB(0.5GB)高速データ通信容量が増量となります。

ただし、マイルの特典で進呈されたデータ容量は、利用している料金プランの高速データ通信容量を使いきり、通信速度制限がかかった際に使用することができるので、その点にはご注意ください。

データ(ギガ)繰り越しができるおすすめの格安SIM

どうしても、データ繰り越しが利用したいということであれば、ワイモバイルではなくデータ繰り越しが利用できる格安SIMを利用するようになります。

データ繰越可能な格安SIM

  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • etc…

データ繰り越しができるおすすめの格安SIMについては、下記より解説していきます。

プラン内容などは各携帯電話会社の都合で今後変更となる可能性があります。

UQモバイル

データ繰り越しができる格安SIMを利用したいなら、UQモバイルがおすすめです。

おすすめの理由

  • 回線速度が安定している
  • データ容量はワイモバイルと同じ
  • 節約モードが利用できる

UQモバイルはauのサブブランドなので、ワイモバイル同様に通信速度が安定しています。

また、UQモバイルなら月々使用できる高速データ通信容量はワイモバイルと同じで、データ繰り越しもできます。

ただし、追加購入した高速データ通信容量は、データ繰り越しの対象外となっているので、その点にはご注意ください。

更に、UQモバイルでは節約モードがあり節約モード設定中は、どれだけネットを利用しても、高速データ通信容量を消費しないので、データ容量の使いすぎも防ぐことができます。

節約モード時の通信速度は「くりこしS:最大300Kbps」「くりこしM/L:最大1Mbps」となっています。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは、データ繰り越しができるので、使いきれず余った高速データ通信容量は翌月に繰り越すことができます。

繰り越せる高速データ通信容量の最大値は、利用しているプランの月間高速データ通信容量と同じです。

例えば、12ギガプランを利用している場合、最大で12GBまで繰り越すことができるので、その場合翌月の高速データ通信容量は24GB(繰越分+当月分)となります。

ただし、1ギガプランの場合は、データの繰り越しができないのでご注意ください。

また、BIGLOBEモバイルでは「エンタメフリー・オプション」というオプションサービスあり、YouTubeなど対象となっているサービスは高速データ通信容量を消費することなく利用することができます。

データ(ギガ)繰り越しができるその他の格安SIM

下記の格安SIMでも、データ繰り越しができます。

  • y.u mobile
  • IIJmio
  • mineo
  • イオンモバイル
  • OCN モバイル ONE
  • etc…

データ繰り越しやプラン内容など詳細については、各携帯電話会社の公式サイトなどでご確認ください。

ワイモバイルではデータ(ギガ)繰り越しはできない・まとめ

まとめ

  • ワイモバイルではデータ繰り越しはできない
  • 購入した高速データ通信容量も繰り越しできない
  • そのためデータ容量が余りすぎないようにプランを選ぶ必要がある
  • 自分の月間データ消費量を確認しそれを基に自分にあったプランを選択する
  • ワイモバイルを利用していて毎月データ容量が余るようならプラン変更する
  • Wi-Fiやデータ増量オプションを活用すれば高速データ通信容量を節約できる
  • UQモバイルやBIGLOBEモバイルならデータの繰り越しができる

-ワイモバイル
-,

© 2021 SIMモバ