ワイモバイル

【かけ放題のガラケー(ケータイ)はワイモバイルがおすすめ】月額料金や注意点も解説!

ワイモバイルでは、かけ放題のガラケーを契約することはできるのかな?

こんな疑問にお答えします。

ワイモバイルでは、ケータイ(以下ガラケーという)の取り扱いもあるため、かけ放題のガラケーを契約することができます。

また、ワイモバイルは月額料金が安いため、かけ放題のガラケーを契約するなら、大手キャリアよりもワイモバイルがおすすめです。

そこでこの記事では

本記事の内容

  • 大手キャリアと比べてワイモバイルのガラケーかけ放題はどの程度安いのか
  • ガラケーをかけ放題で利用する際の注意点
  • ワイモバイルでガラケーをかけ放題にした場合の月額料金

など、ワイモバイルのガラケーかけ放題について解説していきます。

\ 公式サイトはこちら /

かけ放題のガラケーならワイモバイルがおすすめ

かけ放題のガラケーを契約したいと考えているなら、ワイモバイルがおすすめです。

何故なら、ワイモバイルなら大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)よりも安い月額料金で、かけ放題のガラケーを持つことができるためです。

ドコモ
(ケータイプラン)
au
(ケータイカケホプラン)
ソフトバンク
(ケータイ通話プラン)
ワイモバイル
(ケータイベーシックプランSS)
料金プランの月額料金 1,507円(定期契約なし) 3,465円(2年契約N未加入時)
1,078円 1,027円
かけ放題の月額料金 1,870円 - 1,980円 1,100円
月々の利用料金 3,377円 3,465円 3,058円 2,127円

※税込
※料金プランの月額料金+かけ放題の月額料金のみの金額

大手キャリアで、かけ放題のガラケーを利用する場合月々約3,000円程度かかりますが、ワイモバイルなら月々約2,200円程度で利用することができます。

そのため、かけ放題のガラケーを利用するなら、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルでガラケーを利用する場合の料金プラン

ケータイベーシックプランSSとは
月額料金 1,027円
ベーシックパック 330円
パケット定額サービス 0~4,950円
高速データ通信容量 最大2.5GB
通話無料サービス 1時から21時までの間ワイモバイルやソフトバンクのスマホ・ケータイへの通話料が無料

ワイモバイルで、ガラケーをかけ放題で利用する場合、「ケータイベーシックプランSS」という料金プランを利用するようになります。

そのため、まずはケータイベーシックプランSSとはどんな料金プランなのか、理解しておきましょう。

ネットも利用するならベーシックパックへの加入が必要

画像引用元:ワイモバイル

ケータイベーシックプランSSには、通話専用の料金プランとなっており、ネットは利用できません。

しかし、ベーシックパック(月額330円税込)に加入すれば、ケータイベーシックプランSSでネットが利用できるようになります。

ただし、消費データ容量が110MB(約0.1GB)を超えると、パケット定額サービスの上限額に達してしまい月額料金が跳ね上がるので、その点には注意が必要です。

ケータイベーシックプランSSにはかけ放題が付属している

画像引用元:ワイモバイル

ケータイベーシックプランSSには、1時から21時までの間ワイモバイルやソフトバンクのスマホ・ケータイへの通話料が無料という、通話無料サービスが付属しています。

通話無料サービスは、料金プランに付属しているサービスなので、通話無料サービスに利用するにあたって別途月額料金がかかることはありません。

通話料がかかる場合

  • 対象時間外にワイモバイルやソフトバンクのスマホ・ケータイに発信
  • ワイモバイルやソフトバンクのスマホ・ケータイ以外への発信

ただし、上記のような場合には、30秒につき20円(税込22円)の通話料が発生するので、ご注意ください。

ワイモバイルでガラケーをかけ放題にするためには

上記の通り、ケータイベーシックプランSSだけでは、かけ放題となる相手・時間が限定されており、ガラケーを完全かけ放題にすることができません。

そのため、ワイモバイルでガラケーを完全かけ放題にするなら、スーパーだれとでも定額に加入する必要があります。

スーパーだれとでも定額とは、国内通話がかけ放題となるオプションサービスで、下記への電話がかけ放題となります。

かけ放題の対象

  • ワイモバイルのスマホ・ケータイ
  • 他社のスマホ・ケータイ
  • 固定電話(IP電話含む)

スーパーだれとでも定額に加入すれば、ワイモバイル同士の通話はもちろんこと、他社スマホ・ケータイへの発信や、固定電話への発信もかけ放題となります。

つまり、ケータイベーシックプランSSでスーパーだれとでも定額に加入すれば、ガラケーを完全かけ放題にすることができます。

かけ放題の対象外となる通話もある

スーパーだれとでも定額に加入していても、かけ放題の対象外となる通話も存在します。

対象外となる通話

  • 国際ローミング・国際通話(海外への通話)
  • 留守番電話センターへの通話料
  • ナビダイヤル(0570)
  • テレドーム(0180)
  • 番号案内(104)
  • 着信転送サービス
  • ワイモバイル指定の電話番号に発信の場合

例えば、国際通話はかけ放題の対象外となっているため、スーパーだれとでも定額に加入していても、海外へ電話をかけると通話料が発生してしまいます。

また、ワイモバイルが指定している電話番号への発信は、かけ放題が適用されないので、ご注意ください。

ワイモバイルのかけ放題の対象外となる通話については、下記の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

関連記事
【ワイモバイルのかけ放題には対象外通話がある】0570(ナビダイヤル)など通話料がかかる場合も!

ワイモバイルでかけ放題に加入してたら、どこにかけてもかけ放題なの? こんな疑問にお答えします。 結論から言うと、ワイモバイルでかけ放題に加入していたとしても、0570から始まる電話番号への発信など、か ...

続きを見る

ワイモバイルでガラケーをかけ放題にする際の注意点

ワイモバイルでガラケーをかけ放題にする場合、下記のような注意点があります。

注意点

  • ネットも利用するなら割高
  • 家族割引サービス・おうち割光セット(A)の割引対象外

そのため、注意点もしっかりと理解しておきましょう。

ネットも利用するなら割高

かけ放題のガラケーで、ネットも利用したいという場合、月額料金が割高になってしまいます。

何故なら、ケータイベーシックプランSSは、ネットを利用するためにはベーシックパックへの加入が必要なことに加えて、データ消費量が110MB(約0.1GB)を超えると月額料金が高くなってしまうためです。

そのため、通話専用として利用するのであればお得ですが、ネットも利用するのであれば割高になるので、その点は理解しておきましょう。

かけ放題だけでなくネットも利用するなら

かけ放題だけでなく、ある程度ネットも利用したいというような場合には、ケータイベーシックプランSSではなくシンプルSを利用したほうがいいでしょう。

ケータイベーシックプランSS シンプルS
高速データ通信容量 2.5GB 3GB
月額料金 6,307円(110MB以上使用の場合) 2,178円
かけ放題 1,100円 1,870円
月々の利用料金 7,407円 4,048円

※税込

例えば、高速データ通信容量が同等程度のシンプルSと比較した場合、シンプルSを利用したほうが月額料金を安く抑えることができます。

そのため、ある程度ネットも利用したいということであれば、シンプルSを検討したほうがいいでしょう。

家族割引サービス・おうち割光セット(A)の割引対象外

ワイモバイルには、下記のような割引があります。

  • 家族割引サービス
  • おうち割光セット(A)

割引が適用されると、月額料金が安くなりお得ですが、ケータイベーシックプランSSでガラケーをかけ放題にして利用する場合割引はありません。

何故なら、ケータイベーシックプランSSは、対象料金プランには含まれていないためです。

そのため、ケータイベーシックプランSSを利用する場合には、家族割引サービスやおうち割光セット(A)の割引を受けることはできません。

ワイモバイルで購入できるガラケー

ワイモバイルでは、端末を販売しており、契約時にガラケーを購入することもできます。

取り扱い機種

  • Simply
  • AQUOSケータイ3

※2021年6月時点

Simplyは、シンプルで使いやすさを追求した機種で価格も安いため、通話専用として利用するから必要最低限の機能が使えればそれでいいと考えている方にはおすすめです。

AQUOSケータイ3は、防水・防塵・耐衝撃にも対応した現時点では最新のガラケーなので、最もおすすめの機種となっています。

また、取り扱い機種は今後ワイモバイルの都合で変更となる可能性があるので、取り扱い機種についてはワイモバイル公式サイトでご確認ください。

ワイモバイルでガラケーをかけ放題にした場合の月額料金

ワイモバイルでガラケーをかけ放題にして利用する場合、

  • ネットも利用するのか
  • 通話のみでかけ放題を利用するのか

上記どちらなのかによって、月額料金は異なります。

そこで下記より、「ネット+かけ放題で利用する場合」と「通話のみでかけ放題を利用する場合」の月額料金について解説していきます。

ネット+かけ放題で利用する場合の月額料金

ネット+かけ放題の場合
月額料金 1,027円
ベーシックパック 330円
パケット定額 0~4,950円
かけ放題 1,100円
月々の利用料金 2,457円~7,407円

※税込

ガラケーでかけ放題だけでなくネットも利用する場合、月額料金は上記のようになります。

かけ放題だけでなくネットも利用する場合、ベーシックパックへの加入が必要となり、ネットを利用しなくてもベーシックパックの月額料金はかかります。

また、ケータイベーシックプランSSは、データ消費量が110MB(約0.1GB)を超えると月額料金が跳ね上がるので、ネットを利用する際には注意が必要です。

通話のみでかけ放題を利用する場合の月額料金

通話のみでかけ放題の場合
月額料金 1,027円
かけ放題 1,100円
月々の利用料金 2,127円

※税込

通話のみでかけ放題を利用する場合、月額料金は上記のようになります。

ケータイベーシックプランSSで、スーパーだれとでも定額に加入しての運用であれば、大手キャリアよりも安い金額で、かけ放題のガラケーを利用することができます。

ワイモバイルでかけ放題のガラケーを契約する方法

ワイモバイルでかけ放題のガラケーを契約する場合、まずはワイモバイルオンラインストアにアクセスし、購入する機種を選択します。

画像引用元:ワイモバイル

利用タイプの項目では「通話のみ」を選択すると、「ケータイベーシックプランSS」を選択することができるようになります。

 

画像引用元:ワイモバイル

かけ放題にするためには、オプションの項目で「スーパーだれとでも定額」にチェックを入れましょう。

ケータイベーシックプランSSで、ネットも利用したいという場合には、「ベーシックパック」もチェックを入れる必要があります。

後は、画面の指示に従って、必要事項を入力・選択していけば、手続き完了です。

また、ワイモバイルオンラインストアでの契約方法については、下記の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

関連記事
【ワイモバイルオンラインストアを利用した申し込み手順】新規契約・乗り換えだけでなく機種変更もできる!

オンラインストアからワイモバイルの申し込みがしたいんだけど、どうやってやるんだろう? あと、利用できるキャンペーンとかもあるなら知りたい。 こんな疑問にお答えします。 ワイモバイルにはオンラインストア ...

続きを見る

かけ放題のガラケーならワイモバイルがおすすめ・まとめ

まとめ

  • ワイモバイルなら大手キャリアよりも安くかけ放題のガラケーが持てる
  • かけ放題のガラケーを利用する場合料金プランはケータイベーシックプランSSを利用するようになる
  • かけ放題だけでなくネットも利用したいならベーシックパックへの加入が必要
  • ケータイベーシックプランSSはネットを利用すると割高になる
  • ケータイベーシックプランSS+スーパーだれとでも定額で完全かけ放題にできる
  • 一部かけ放題が適用されない通話もあるため注意
  • ネット+かけ放題なら月額2,457円~7,407円(税込)で利用できる
  • 通話専用として利用するなら月額2,127円(税込)で利用できる
  • 通話専用なら大手キャリアよりも安い金額でかけ放題のガラケーを利用することが可能

-ワイモバイル
-, ,

© 2021 SIMモバ