ワイモバイル

【ワイモバイルのSIMスターターキットとは】デメリット・注意点もあり!

ワイモバイルのSIMスターターキットって何?
これってお得なの?

こんな疑問にお答えします。

SIMスターターキットとは、特典付きでワイモバイルに申し込むことができるパッケージです。

使用すればお得に申し込みができるのは確かですが、SIMスターターキットを使用するよりも、更にお得にワイモバイルに申し込む方法も存在します。

そこでこの記事では、

本記事の内容

  • SIMスターターキットは使用すべきかどうか
  • SIMスターターキットの説明
  • SIMスターターキットのメリットとデメリット
  • お得にワイモバイルに申し込む方法

など、ワイモバイルのSIMスターターキットについて解説していきます。

\ 公式サイトはこちら /

【結論】ワイモバイルのSIMスターターキットは不要

ワイモバイルに申し込む際に、SIMスターターキットを使用すべきかどうかですが、結論から言うとSIMスターターキットは不要です。

理由

  • 事務手数料のメリットはなくなった
  • 別のキャンペーンを利用したほうがキャッシュバック額が多い

SIMスターターキットを使用すると、ワイモバイル契約時の事務手数料が無料になりますが、ワイモバイルオンラインストアでも事務手数料は無料化されています。

そのため、現在ではSIMスターターキットを使用しなくても、事務手数料を無料にすることが可能となっています。

事務手数料無料の他にも、SIMスターターキットにはキャッシュバック特典もありますが、下記の窓口から申し込んだほうが、キャッシュバック額が多くお得です。

  • ワイモバイルオンラインストア:最大10,000円キャッシュバック
  • ヤングモバイル:最大20,000円キャッシュバック

※特典内容は今後変更の可能性があるため、詳しくは各サイトでご確認ください

上記の他にも、ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)という申し込み窓口では、PayPayポイントが還元されるキャンペーンを実施しています。

このことから、ワイモバイルに申し込む際はSIMスターターキットを使用するよりも、ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店含む)やヤングモバイルから申し込みをしたほうがお得と言えます。

ワイモバイルオンラインストアとワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)では、実施しているキャンペーンが異なります。そのため、それぞれの公式サイトで実施しているキャンペーン内容等をしっかりと確認することをおすすめします。

ワイモバイルのSIMスターターキットとは

ワイモバイルのSIMスターターキットとは、Amazonやヨドバシカメラなどで購入できる、ワイモバイルのSIMカードです。

SIMスターターキットには、ワイモバイルのSIMカードが同梱されており、専用ページよりワイモバイルの申し込み手続きを行うことで、SIMカードが利用できるようになります。

SIMスターターキットでは、

  • 新規契約
  • 他社からの乗り換え

といった契約手続きができ、料金プランは「シンプルS/M/L」または「データSIMプラン」を利用するようになります。

データSIMプランは2021年8月17日をもって新規受付を終了しています。

ワイモバイルのSIMスターターキットを使用するメリット

ワイモバイルのSIMスターターキットを使用する場合、下記のようなメリットがあります。

メリット

  • 事務手数料が無料になる
  • キャッシュバックが貰える

詳しくは、下記より解説していきます。

事務手数料が無料になる

SIMスターターキットを使用すれば、契約事務手数料を無料にすることができます。

ワイモバイルショップなどの店頭でワイモバイルに申し込む場合、契約手続き時に契約事務手数料として3,000円(税込3,300円)の手数料が発生します。

しかし、SIMスターターキットを使用すれば、ワイモバイルに申し込む際に発生する、契約事務手数料を無料にすることが可能です。

ワイモバイルのオンラインストアでも、事務手数料無料で申し込みができます。

キャッシュバックが貰える

SIMスターターキットを使用すれば、キャッシュバックを貰うことができます。

貰えるキャッシュバックの金額は、契約方法や利用する料金プランによって異なります。

新規契約 乗り換え
シンプルS - 3,000円
シンプルM/L 7,000 円 7,000 円

※ソフトバンクからの乗り換えは対象外

ただし、キャッシュバック特典は期間内にワイモバイルのSIMスターターキットを購入し申し込むことが条件となっており、実施期間については明記されていません。

そのため、ワイモバイルの都合で予告なくキャッシュバック特典が終了または変更される可能性もあるので、その点は理解しておきましょう。

また、キャッシュバック特典にはその他にも適用条件が設定されているので、キャッシュバック特典を利用するなら、そちらも併せて確認しておく必要があります。

ヤングモバイルから申し込んだほうが、キャッシュバック金額が多いためお得です。

ワイモバイルのSIMスターターキットを使用するデメリット

ワイモバイルのSIMスターターキットはメリットだけでなく、デメリットも存在します。

デメリット

  • SIMスターターキット購入費用がかかる
  • お得なキャンペーンが利用できない
  • 審査落ちになるとキット代金は返ってこない可能性がある
  • SIMスターターキットには有効期限がある

そのため、デメリットもしっかりと理解しておきましょう。

SIMスターターキット購入費用がかかる

SIMスターターキットを使用するには、Amazonなどで販売されているSIMスターターキットを購入しなければいけません。

SIMスターターキットの販売価格は一概には言えませんが、例えばAmazonでは350円で販売されています。(2022年4月時点)

ワイモバイルのオンラインストアでは、SIMカードのみで契約をする場合SIMカード購入費用はかからないことを考えると、SIMスターターキットは購入費用が掛かるという点はデメリットと言えます。

お得なキャンペーンが利用できない

ワイモバイルでは、様々なお得なキャンペーンを実施しています。

しかし、SIMスターターキットを使用すると、事務手数料無料やキャッシュバック以外のキャンペーンは利用できません。

何故なら、ワイモバイルで実施しているお得なキャンペーンは、申し込み窓口が指定されているためです。

例えば、ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)では、SIMのみ契約で最大10,000円相当(金額は時期によって異なる)のPayPayポイントが還元されるキャンペーンを実施しています。

ただし、このキャンペーンは、ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)を利用して申し込んだ場合に適用できる限定キャンペーンなので、SIMスターターキットを使用すると適用できません。

このように、SIMスターターキットを使用すると、お得なキャンペーンが適用できないというデメリットがあるので、その点は理解しておきましょう

また、ワイモバイルのキャンペーンについては、下記の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

関連記事
【2022年9月最新】ワイモバイルのキャンペーン情報まとめ!

ワイモバイルではどんなキャンペーンが利用できるんだろう? あと、キャンペーンを利用した申し込み方法についても知りたい。 こんな疑問にお答えします。 ワイモバイルでは、様々なキャンペーンを実施しておりそ ...

続きを見る

審査落ちになるとキット代金は返ってこない可能性がある

通常、ワイモバイルに申し込む際には審査が行われるようになりますが、これはSIMスターターキットを使用して申し込む場合も同様です。

もし、SIMスターターキットを使用して申し込み審査落ちになってしまった場合、SIMスターターキットの購入費用が無駄になる可能性があります。

というのも、ワイモバイル公式サイトには、下記のように記載されているためです。

審査結果によりお申し込みをキャンセルさせていただく場合があります。
お手続きができずご利用いただけなかった場合でも、SIMスターターキットの返金はいたしかねます。

引用元:ワイモバイル

審査落ちになるとワイモバイルを利用する事ができませんが、何らかの理由で審査落ちになりワイモバイルが利用できなくても、SIMスターターキットの返金はいたしかねるとしているのでご注意ください。

SIMスターターキットには有効期限がある

SIMスターターキットには、1ヶ月間の有効期限が設定されています。

ワイモバイル公式サイトにも、SIMスターターキット購入後1ヶ月以内に申し込み手続きが必要という旨の記載があります。

期限が経過すると、サービスを利用する事ができない場合があるので注意が必要です。

ワイモバイルのSIMスターターキットの注意点

ワイモバイルのSIMスターターキットを使用する場合、下記のような注意点があります。

注意点

  • データSIMプランは新規受付終了
  • パソコンからの申し込みはできない
  • 店舗での契約はできない
  • 端末を自分で用意する必要がある

データSIMプランは新規受付終了

SIMスターターキットでは、下記の料金プランが利用できていました。

  • シンプルS/M/L
  • データSIMプラン

しかし、データSIMプランは2021年8月17日をもって新規受付を終了しています。

そのため、現在ではSIMスターターキットを使用しての申し込み時に、データSIMプランを利用する事はできません。

パソコンからの申し込みはできない

SIMスターターキットを使用してワイモバイルに申し込む場合、カメラ付き携帯電話(スマートフォン)が必要になります。

パソコンからの申し込みはできないので、ご注意ください。

店舗での契約はできない

Amazonなどで購入したSIMスターターキットを、最寄りのワイモバイルショップなど店舗に持ち込んで契約手続きを行うということはできません。

SIMスターターキットを使用する場合、専用サイトにアクセスしユーザー自身が申し込み手続きを行うようになります。

端末を自分で用意する必要がある

SIMスターターキットを利用する場合、自分でスマホを用意する必要があります。

何故なら、SIMスターターキットを利用して申し込みをする場合、SIMカードのみでワイモバイルに申し込むようになるためです。

  • SIMロック解除済みの他社端末
  • SIMフリースマホ

そのため、上記のような端末を自分で用意するようになります。

ただし、どんなスマホでもワイモバイルで使用できるわけではなく、中にはワイモバイルで使用できないスマホも存在するため注意が必要です。

ワイモバイルで使用できるスマホについては、「こちら」で確認ができるようになっているので、しっかりとチェックしておきましょう。

よくわからないなら端末セットで申し込む

どんなスマホを用意したらいいのかよくわからないという場合、SIMスターターキットを使用するのは諦めて、端末セットでワイモバイルに申し込みをしたほうがいいでしょう。

端末セットとは、ワイモバイル契約と同時にスマホを購入する契約方法で、ワイモバイルで購入したスマホであれば使用できないということもありません。

また、ワイモバイル契約時にスマホを購入するなら、店舗で手続きを行うよりもワイモバイルオンラインストアを利用したほうがお得です。

  • 事務手数料が無料
  • 端末割引(最大21,600円割引)があり機種代金が安い

ワイモバイルオンラインストアなら事務手数料が無料となっており、端末割引があるため安くスマホが購入することができます。

オンラインストアによって機種代金が異なる場合があるため、2つのオンラインストアを確認しより機種代金が安いほうで購入する事をおすすめします。

SIMスターターキットを使用してワイモバイルに申し込む方法

SIMスターターキットを使用して、ワイモバイルに申し込む場合、下記のような流れで手続きを進めていくようになります。

流れ

  1. SIMスターターキットを購入する
  2. 専用サイトから申し込む
  3. APN設定・利用開始設定

手続きの流れについては、下記より解説していきます。

SIMスターターキットを購入する

まずは、SIMスターターキットを購入します。

SIMスターターキットは、下記のウェブサイトや家電量販店で購入することができます。

  • Amazon
  • PayPayモール
  • Yahoo!ショッピング
  • ヨドバシカメラなどの家電量販店

どこで購入するかによって、価格が異なるので価格について詳しくは、各ウェブサイトまたは店頭でご確認ください。

専用サイトから申し込む

SIMスターターキットに記載されているQRコードより、専用サイトにアクセスしワイモバイルの申し込み手続きを行います。

その際、本人確認のために顔画像の撮影が必要になるため、カメラ付き携帯電話(スマートフォン)が必要になります。

APN設定・利用開始設定

申し込み後審査が行われ、審査に通ったらAPN設定や利用開始設定を行うようになります。

SIMスターターキット以外でお得にワイモバイルに申し込むには

SIMスターターキットは、デメリットの多さが気になる・・・
SIMスターターキット以外で、お得にワイモバイルに申し込める方法はないのかな?

お得にワイモバイルに申し込みたいと考えているなら、下記のようなキャンペーンを利用しましょう。

キャンペーン

  • PayPayポイントが貰えるキャンペーン
  • 機種代金値引き
  • タイムセール
  • ヤングモバイルのキャッシュバック特典

これらのキャンペーンを利用すれば、SIMスターターキットを使用するよりも、お得にワイモバイルに申し込むことができます。

キャンペーン内容等は、各サイトの都合により予告なく変更される可能性があるため、詳細は各サイトでご確認ください。

キャンペーン①:PayPayポイントが貰えるキャンペーン

SIMカードのみでワイモバイルに申し込むなら、PayPayポイントが貰えるキャンペーンが利用できます。

PayPayポイントが貰えるキャンペーンとは、ワイモバイルオンラインストアからSIMカードのみで申し込むと、PayPayポイントが貰えるキャンペーンです。

貰えるPayPayポイント例
ワイモバイルオンラインストア 最大10,000円相当のPayPayポイント
ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店) 最大10,000円相当のPayPayポイント

ワイモバイルオンラインストア・ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)、どちらのオンラインストアから申し込んでも、PayPayポイントが貰えるキャンペーンは利用できます。

しかし、同じキャンペーンではないので時期によっては、どちらか一方のオンラインストアのほうが貰えるPayPayポイントが多くなるということも考えられます。

そのため、PayPayポイントが貰えるキャンペーンを利用するなら、双方のオンラインストアをチェックし貰えるPayPayポイントの金額を確認したほうがいいでしょう。

金額や適用条件など詳しくは、各オンラインストアの公式サイトでご確認ください。

キャンペーン②:機種代金値引き

ワイモバイル契約と同時にスマホの購入を検討しているなら、機種代金値引きが利用できます。

ワイモバイルオンラインストア、ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)では機種代金値引きを行っており、最大で36,000円引きで販売されているスマホも存在します。

機種代金値引き例
機種 定価 割引後の価格
Xperia 10 III 54,000円 18,000円
Xperia Ace III 31,680円 9,800円
iPhone SE(第3世代) 67,680円 46,080円
iPhone 12 95,040円 73,440円

機種代金値引きは、Androidスマホだけでなく人気機種のiPhoneも対象となっています。

また、機種代金値引きはワイモバイルオンラインストア、ワイモバイルオンラインストア(ヤフー店)で実施されていますが、同じ端末でも値引き額が異なる場合があります。

そのため、機種代金値引きを利用する場合には、双方のオンラインストアで機種代金をチェックすることをおすすめします。

キャンペーン③:タイムセール

ワイモバイルオンラインストアでは、タイムセールが開催されています。

タイムセールを利用してワイモバイルに申し込めば、かなり安くスマホを購入することができます。

ラインナップ例

  • iPhone 8 64GB(ソフトバンク認定中古品):1円
  • AQUOS wish:1円
  • arrows J(アウトレット):111円
  • SIMカード:最大12,000円キャッシュバック

また、タイムセールにはSIMカードがラインナップに並ぶことがあり、その場合キャッシュバック金額またはPayPayポイントを通常よりも多く貰うことができます。

ラインナップは定期的に入れ替わっているので、詳しくはワイモバイルオンラインストアのタイムセールのページをご覧ください。

関連サイト:ワイモバイルオンラインストア「タイムセール」

関連記事
【オンライン限定!ワイモバイルのタイムセールを解説】スマホが激安で買える!

ワイモバイルのタイムセールって何だろう? どんな機種が買えるのか、どこでやってるのかも知りたい。 こんな疑問にお答えします。 タイムセールとは、スマホなどが通常よりもお得にゲットできるワイモバイルのキ ...

続きを見る

キャンペーン④:ヤングモバイルのキャッシュバック特典

ワイモバイルに申し込む際に、キャッシュバックが貰いたいのであれば、ヤングモバイルから申し込みましょう。

ヤングモバイルには、キャッシュバック特典がありヤングモバイルを経由してワイモバイルに申し込むと、キャッシュバックを貰うことができます。

キャッシュバック金額例

  • シンプルS:5,000円
  • シンプルM:15,000円
  • シンプルL:20,000円

※端末セットでの契約の場合

また、キャッシュバック金額は時期によって異なる可能性があるので、キャッシュバック金額の詳細や適用条件等に関しては、ヤングモバイル公式サイトでご確認ください。

ワイモバイルのSIMスターターキットについて・まとめ

まとめ

  • SIMスターターキットとは特典付きでワイモバイルに申し込めるもの
  • SIMスターターキットには事務手数料無料・キャッシュバック特典が利用できる
  • SIMスターターキットはAmazonなどで購入する必要がある
  • SIMスターターキットを使用するとその他のお得なキャンペーンが利用できない
  • 審査落ちになるとキット代金は返ってこない可能性がある
  • SIMスターターキットは1ヶ月の有効期限がある
  • SIMスターターキットは不要
  • ワイモバイルオンラインストアなどを利用したほうがお得に申し込みができる

-ワイモバイル
-,

© 2022 SIMモバ