本ページはPRを含みます

ワイモバイル

【ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える方法・手順】タイミングはいつがいいのかも解説!

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えたいんだけど、どうやって乗り換えをしたらいいんだろう?
あと、乗り換えるデメリットとか注意点もあるなら、知っておきたい。

こんな疑問にお答えします。

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは、下記のような流れで行うようになります。

乗り換えの流れ

  1. 必要なものを用意
  2. ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイトで乗り換え手続き
  3. 商品が届いたら回線切り替え手続き

ただし、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは、メリットだけでなくデメリットや注意点もあるので、その点の理解しておきましょう。

そこでこの記事では、

本記事の内容

  • ソフトバンクへ乗り換えるメリット・デメリット
  • どのタイミングに乗り換えるのがベストなのか
  • ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える手順

など、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えについて解説していきます。

Webなら事務手数料無料

\ 公式サイトはこちら /

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えるメリット

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える場合、下記のようなメリットがあります。

メリット

  • データ使い放題プランが利用できる
  • 最新機種が購入できる
  • 端末購入プログラムがあり最新スマホがお得に購入できる
  • 自宅のインターネットとのセット割が利用できる
  • 割引サービスの併用が可能になる
  • 通信エリアはワイモバイルと同じ
  • 乗り換え時にキャンペーンが利用できる
  • 家族間通話を無料にできる

メリットについて詳しくは、下記より解説していきます。

Webなら事務手数料無料

メリット①:データ使い放題プランが利用できる

ソフトバンクに乗り換えると、データの使いすぎを気にする必要はなくなります。

何故なら、ソフトバンクではデータ使い放題プランが利用できるためです。

ワイモバイル ソフトバンク
データ容量 4GB~30GB 無制限

ワイモバイルでは、1ヶ月間に利用できる高速データ通信容量が決まっており、それを超過すると通信速度制限がかかり、通信速度が低速化します。

しかし、ソフトバンクではメリハリ無制限という料金プランがあり、この料金プランを利用すれば、データ容量を無制限で利用することが可能となります。

そのため、ソフトバンクに乗り換えてデータ使い放題プランを利用すれば、データ容量を気にせずネットや動画を楽しむことができます。

時間帯によっては、ソフトバンク側で速度制御が行われる場合もあります。

メリット②:最新機種が購入できる

ソフトバンクに乗り換えをすると、最新機種を購入することができるようになります。

というのも、ソフトバンクでは最新機種が販売されているためです。

ワイモバイルの場合、最新機種が発売されてもワイモバイルでの取り扱いは数ヶ月遅れになる、若しくは取り扱われない最新機種もあります。

例えば、iPhone 12シリーズが発売された際、発売日時点ではワイモバイルでは取り扱われていなかったため、ワイモバイルでiPhone 12シリーズを購入することはできませんでした。

しかし、ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えれば、基本的には最新機種が買えないということはありません。

iPhoneなど、予約をしないと入手しにくい機種もあります。

メリット③:端末購入プログラムがあり最新スマホがお得に購入できる

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えると、最新スマホがお得に購入することができるようになります。

何故なら、ソフトバンクでは「新トクするサポート」という端末購入プログラムが利用できるためです。

画像引用元:ソフトバンク

新トクするサポートとは、48回払いで機種を購入し25ヶ月目以降にソフトバンクに機種を回収してもらうと、最大24回分の機種代金の支払いが不要になるというものです。

つまり、新トクするサポートを利用すれば、最新スマホを最大半額で購入することができます。

ソフトバンクに回収してもらわず、そのまま使い続けることも可能です。その場合、機種代金の残債を支払いって行くことになります。

メリット④:自宅のインターネットとのセット割が利用できる

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えなら、インターネットサービスを変更せずに自宅のインターネットとのセット割を利用することができます。

何故なら、ソフトバンクには「おうち割光セット」という割引があり、

  • SoftBank 光
  • SoftBank Air
  • etc…

自宅のインターネットが上記のサービスなら、おうち割光セットを利用することができるためです。

ワイモバイルで「おうち割光セット(A)」を適用していたのであれば、「SoftBank 光」「SoftBank Air」のいずれかを利用していたかと思います。

そのため、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えなら、自宅のインターネットサービスを変更せずに、自宅のインターネットとのセット割を利用することができます。

おうち割光セットは、ソフトバンクの利用料金が割引されるサービスなので、是非利用しましょう。

関連サイト:ソフトバンク「おうち割光セット」

メリット⑤:割引サービスの併用が可能になる

ワイモバイルでは、家族割引と自宅のインターネットとのセット割を併用することはできませんでした。

しかし、ソフトバンクに乗り換えると、家族割引と自宅のインターネットとのセット割が併用できるようになります。

  • 新みんな家族割:家族割引グループ内の対象プランの回線数に応じて割引するサービス(3回線以上の場合1,210円割引)
  • おうち割光セット:指定固定通信サービス(SoftBank光等)を契約の場合最大1,100円割引するサービス

ソフトバンクには、「新みんな家族割」「おうち割光セット」という割引サービスが用意されており、これらの割引サービスは併用が可能です。

メリット⑥:通信エリアはワイモバイルと同じ

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える場合、通信エリアは気にする必要はありません。

何故なら、ワイモバイルとソフトバンクの通信エリアは同じだからです。

画像引用元:ワイモバイル

携帯電話会社を乗り換えると、それまでは問題なく利用できていたのに、繋がりにくくなったというケースもあります。

しかし、ワイモバイルとソフトバンクの通信エリアは同じなので、ソフトバンクに乗り換えても快適にスマホを利用できるかと思います。

メリット⑦:乗り換え時にキャンペーンが利用できる

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える場合、お得なキャンペーンが利用できます。

キャンペーン

  • ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典
  • 【オンライン限定】web割
  • 【オンライン限定】U22 web割
  • 基本料初月0円特典(ソフトバンク)
  • ヤフー限定割引クーポン

詳しくは、「ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える際に利用できるキャンペーン」の項目で解説しているので、そちらをご覧ください。

キャンペーン内容等は、予告なく変更・終了となる可能性があるので、申し込み前には各公式サイトでご確認ください。

メリット⑧:家族間通話を無料にできる

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えると、家族間通話を無料にすることができます。

というのも、ソフトバンクには家族割引があり、家族割引に加入していれば家族への通話が24時間無料となるためです。

ワイモバイルにも、家族割引サービスという割引がありますが、家族割引サービスには家族間通話無料は含まれていません。

そのため、ワイモバイルを利用していて、家族との通話が多く通話料がかさんでいるという場合には、ソフトバンクへ乗り換えたほうがお得です。

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えるデメリット

一方で、ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える場合、下記のようなデメリットがあります。

デメリット

  • 月額料金が高くなる
  • ワイモバイルのメールアドレスは使えなくなる※1
  • 中容量の料金プランが利用できない
  • テザリングが有料になる
  • かけ放題の時間が短くなる
  • 通信速度制限時の速度が遅くなる

※1:メールアドレス持ち運びを利用しない場合

デメリットについて詳しくは、下記より解説していきます。

Webなら事務手数料無料

デメリット①:月額料金が高くなる

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えると、月々の携帯代が高くなります。

何故なら、ソフトバンクはワイモバイルよりも月額料金が高いためです。

ワイモバイル ソフトバンク
シンプル2 S/M/Lの月額料金 2,365円~5,115円 -
ミニフィットプラン+の月額料金 - 3,278円~5,478円
メリハリ無制限の月額料金 - 7,238円

例えば、ソフトバンクに乗り換えてメリハリ無制限を利用する場合、約2,100円~4,800円程度月々の携帯代が高くなってしまいます。

そのため、ソフトバンクに乗り換えるなら、今よりも携帯代が高くなるということは理解しておきましょう。

デメリット②:ワイモバイルのメールアドレスは使えなくなる

メールアドレス持ち運びに申し込めば、ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えても、ワイモバイルのメールアドレスを引き続き利用する事もできるようになっています。

メールアドレス持ち運びを利用しない場合、ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えると、ワイモバイルのメールアドレスは使えなくなります。

何故なら、ワイモバイルのメールアドレスは、ワイモバイルキャリアメールだからです。

  • @yahoo.ne.jp
  • @ymobile.ne.jp

上記のメールアドレスは、ワイモバイルが提供しているキャリアメールなので、ワイモバイルから他社に乗り換えると利用できなくなります。

そのため、メールアドレス持ち運びを利用しない場合、ワイモバイルのメールアドレスで登録しているサービスなどがあるのであれば、ソフトバンクに乗り換える前にGmailなどフリーメールアドレスに変更しておきましょう。

また、ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えて利用できるメールアドレスなどについては、下記の記事で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

関連記事
【ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えるとメールアドレスはどうなる?】引き継ぎは場合によっては可能!

続きを見る

デメリット③:中容量の料金プランが利用できない

ソフトバンクへ乗り換えをすると、中容量の料金プランを利用する事ができなくなります。

何故なら、ソフトバンクには段階式プランと無制限プランの、2つの料金プランしかないためです。

段階式プランは、データ使用量に応じて月額料金が高くなる低容量プラン(~3GB※ミニフィットプラン+)、無制限プランはデータ使い放題の料金プラン(メリハリ無制限)です。

ワイモバイルでは、小容量プランだけでなく20GBといった中容量プランも選択できていましたが、ソフトバンクには中容量プランは存在しません。

そのため、ワイモバイルで中容量プランを利用している場合ソフトバンクへ乗り換えると、自分に合ったプランがなく使いにくいと感じる可能性も考えられます。

デメリット④:テザリングが有料になる

メリハリ無制限やミニフィットプラン+など、現行のソフトバンクの料金プランでは、テザリング料金は無料化されました。詳しくは「こちら」をご覧ください。

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えをすると、テザリングを利用するためには月額料金を支払う必要があります。

というのも、ソフトバンクではテザリングは「テザリングオプション」として提供されているためです。

ワイモバイルでは無料でテザリングが利用できていましたが、ソフトバンクへ乗り換えると有料となるのでご注意ください。

デメリット⑤:かけ放題の時間が短くなる

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えた場合、かけ放題の時間が短くなります。

ワイモバイル ソフトバンク
だれとでも定額+
(1回あたり10分かけ放題)
月額880円 -
スーパーだれとでも定額+
(24時間かけ放題)
月額1,980円 -
準定額オプション+
(1回あたり5分かけ放題)
- 月額880円
定額オプション+
(24時間かけ放題)
- 月額1,980円

ワイモバイルとソフトバンクどちらにも、準かけ放題と完全かけ放題が用意されています。

しかし、上記の通り準かけ放題に関しては、ソフトバンクの方がかけ放題となる時間が短く設定されています。

【ワイモバイルの旧プラン利用の場合】かけ放題が有料になる

ワイモバイルで旧プラン(スマホプラン・スマホベーシックプラン)を利用している場合、ソフトバンクに乗り換えて電話をかけ放題にしようとすると、月額料金が発生するようになります。

何故なら、ソフトバンクではかけ放題は通話オプションとして提供されており、通話オプションを利用するためには月額料金がかかるためです。

ワイモバイル ソフトバンク
1回あたり5分かけ放題 - 月額880円(準定額オプション+)
1回あたり10分かけ放題 料金プランに内包※1 -
24時間かけ放題 月額1,100円 月額1,980円(定額オプション+)

※税込
※1:スマホプラン・スマホベーシックプラン

ワイモバイルで過去に提供していた料金プラン(スマホプラン・スマホベーシックプラン)には、1回あたり10分かけ放題が内包されているので、1回あたり10分かけ放題を利用するにあたって別途月額料金が発生することはありませんでした。

しかし、ソフトバンクでは電話をかけ放題にしたい場合、料金プランの月額料金とは別に通話オプションの月額料金も発生するので、その点は理解しておきましょう。

ワイモバイルのシンプル2 S/M/Lにはかけ放題は含まれていません。

デメリット⑥:通信速度制限時の速度が遅くなる

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えると、通信速度制限時の通信速度が遅くなります。

ワイモバイルとソフトバンクそれぞれ、規定の高速データ通信容量を使いきると、通信速度制限がかかり通信速度は低速化します。

通信速度制限時の速度

  • ワイモバイル:最大1Mbps(シンプル2 M/L)
  • ソフトバンク:最大128kbps(ミニフィットプラン+)

ワイモバイルでは最大1Mbps速度がでるので、通信速度制限がかかってもある程度は快適にネットを利用できていたかと思います。

しかし、ソフトバンクでは通信速度制限がかかると最大128kbpsとかなり低速になるので、ネットを利用する際にはストレスを感じるかと思います。

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えがおすすめなケース

ここまでを踏まえると、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えがおすすめなのは、下記のようなケースです。

おすすめのケース

  • 無制限プランが利用したい
  • スマホの最新機種を使いたい

ワイモバイルで一番容量が多いプランを利用しているのに、通信速度制限がかかってしまうような場合には、ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えたほうがいいでしょう。

ソフトバンクなら、データ使い放題プランが利用することができるので、データ容量を気にせずスマホを利用することができます。

また、ソフトバンクでは最新機種も取り扱っているので、最新のiPhoneやハイスペックなスマホを購入することができます。

そのため、新型iPhoneなどワイモバイルで販売されていない最新のスマホが使いたい、ハイスペックなスマホが欲しいという場合には、ソフトバンクへの乗り換えがおすすめです。

Webなら事務手数料無料

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えはおすすめできないケース

一方、下記のようなケースの場合は、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えはおすすめできません。

おすすめできないケース

  • あまりネットを利用しない
  • 中容量プランを利用している

ソフトバンクは月額料金が高く、一番データ容量が少ないものでも月額3,278円(ミニフィットプラン+~1GB)と、ワイモバイルと比較するとかなり割高です。

また、ソフトバンクには小容量プランと無制限プランしかなく、中容量のプランは存在しません。

ワイモバイルで中容量のプランを利用している場合は、ソフトバンクで無制限プランを利用するようになるかと思いますが、無制限プランの月額料金は高額です。

そのため、あまりネットを利用しない方や、中容量プランで問題なく利用できているという方は、ソフトバンクへ乗り換えるよりも継続してワイモバイルを利用することをおすすめします。

Webなら事務手数料無料

ワイモバイルからソフトバンク乗り換える際の注意点

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える場合、下記のような注意点が存在します。

注意点

  • ワイモバイルのメールアドレスは使えなくなる※1
  • ソフトバンクへの乗り換えでも審査は行われる
  • 機種代金の支払いは続く
  • 乗り換え後My Y!mobileへのログインにはSoftBank IDが必要

※1:メールアドレス持ち運びを利用しない場合

注意点について詳しくは、下記より解説していきます。

Webなら事務手数料無料

ワイモバイルのメールアドレスは使えなくなる

メールアドレス持ち運びに申し込めば、ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えても、ワイモバイルのメールアドレスを引き続き利用する事もできるようになっています。

メールアドレス持ち運びを利用しない場合、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えると、ワイモバイルのメールアドレスは使えなくなります。

  • @yahoo.ne.jp
  • @ymobile.ne.jp

何故なら、上記のメールアドレスは、ワイモバイルが提供しているメールアドレスだからです。

そのため、ワイモバイルのメールアドレスで登録しているサービスなどがあるのであれば、ソフトバンクに乗り換える前に、フリーメールアドレスなどに変更しておきましょう。

関連記事
【ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えるとメールアドレスはどうなる?】引き継ぎは場合によっては可能!

続きを見る

ソフトバンクへの乗り換えでも審査は行われる

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える場合であっても、審査は行われます。

ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイトには、審査の結果申し込みができない場合もあるといった旨が記載されています。

そのため、ワイモバイルからの乗り換えであっても、審査に通らないとソフトバンクを利用することはできないので、その点は理解しておきましょう。

機種代金の支払いは続く

ワイモバイルで機種代金の残債がある場合、ソフトバンクへ乗り換えても機種代金の残債はなくなるわけではありません。

ソフトバンクへ乗り換えた後も、ワイモバイルの機種代金の支払いは完済するまで続きます。

また、機種代金の支払い方法は、これまで通り分割払いで支払っていくこともできますが、残債を一括払いで支払うことも可能となっています。

確認方法

  1. My Y!mobile」にログイン
  2. ページ右上のメニューボタンをタップ
  3. 「料金案内」→「割賦契約の確認」をタップ
  4. 「割賦契約の確認」で確認可能

ワイモバイルで機種代金はあといくら残っているのかについては、My Y!mobileで確認することができるようになっているので、ソフトバンク乗り換え前には確認しておいたほうがいいでしょう。

ワイモバイルで機種代金の残債がある場合は注意

ワイモバイルで機種代金の残債がある状況で、ソフトバンクへ乗り換える場合には注意が必要です。

何故なら、場合によっては2台分の機種代金を支払うことになるためです。

例えば、ワイモバイルで機種代金の残債があり、ソフトバンクへの乗り換え時に新しくスマホを分割払いで購入すると、

  • ワイモバイルの機種代金の残債
  • ソフトバンクで購入したスマホの機種代金

上記のように2台分の機種代金を支払っていくようになります。

こうなると、金銭的負担が大きくなってしまうので、ワイモバイルで機種代金の残債があるのであれば、完済してからソフトバンクに乗り換えたほうがいいでしょう。

乗り換え後My Y!mobileへのログインにはSoftBank IDが必要

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えると、My Y!mobileにログインできなくなります。

もし、ソフトバンク乗り換え後にMy Y!mobileにログインしたい場合には、SoftBank IDを使用しログインするようになります。

SoftBank IDは、解約時やMNP予約番号発行手続き時の完了画面、またはメール通知にて案内しています。

SoftBank IDがわからないという場合は、「こちら」より確認ができるようになっています。

また、SoftBank IDを使用したMy Y!mobileへのログイン方法は、下記の通りです。

ログイン手順

  1. こちら」にアクセス
  2. 「SoftBank ID(英数字のID)」と「パスワード」を入力
  3. 「ログインする」をタップし完了

ログイン画面のパスワード入力欄には、契約中に利用していたパスワードを入力するようになります。

パスワードを忘れてしまった場合には、「こちら」より確認ができるようになっています。

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えるベストなタイミング

基本料初月0円特典(ソフトバンク)実施期間中であれば、キャンペーン特典でソフトバンクの基本料・データ定額サービス料などが初月0円となります。

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えるなら、タイミング的には月末付近にソフトバンクが利用できるように乗り換えるのがベストです。

理由

  • ワイモバイル解約時の月額料金は満額請求
  • ソフトバンク契約初月は日割り計算

何故なら、ワイモバイル解約月の料金プランの月額料金は満額請求で、ソフトバンク契約初月の料金プランの月額料金は日割りだからです。

また、ワイモバイルでは、末日が請求締め日となっています。

つまり、ワイモバイルの請求締め日である月末付近に、回線切り替え手続きが完了しソフトバンクが利用できるように乗り換えるのが、ベストなタイミングと言えます。

Webなら事務手数料無料

月末ギリギリでの乗り換えは注意

月末ギリギリで、ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換え手続きを行うのは注意が必要です。

何故なら、月末ギリギリで手続きを行うと、審査や配送などの都合でソフトバンクが利用できるのが翌月にずれ込む可能性が高いためです。

スケジュール例

  1. 31日:ソフトバンクへの乗り換え手続き
  2. 31日~3日:審査通過・商品発送
  3. 5日:商品到着・回線切り替え

※実際の乗り換えスケジュールとは異なります

例えば、上記のような場合、回線切り替え手続きを行うことができるのが翌月になってしまい、ソフトバンクの利用開始がワイモバイルの請求締め日である月末に間に合いません。

こうなると、数日しかワイモバイルを利用していないにもかかわらず、ワイモバイルの利用料金は満額請求されてしまいます。

こういったことにならないためにも、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは、ある程度ゆとりを持って手続きを行ったほうがいいでしょう。

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える際に利用できるキャンペーン

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える際には、下記のようなキャンペーンが利用できます。

キャンペーン

  • ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典
  • 【オンライン限定】web割
  • 【オンライン限定】U22 web割
  • 基本料初月0円特典(ソフトバンク)
  • ヤフー限定割引クーポン

乗り換え時に利用できるキャンペーンの詳細については、下記より解説していきます。

Webなら事務手数料無料

キャンペーンは予告なく変更・終了となる可能性があるため、詳しくはソフトバンク公式サイト等でご確認ください。

ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典

画像引用元:ソフトバンク

ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典は、2つの特典がセットになったキャンペーンです。

ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典
特典A:契約事務手数料減免特典 ソフトバンクの契約事務手数料無料
特典B:データ定額サービスの定額料割引特典 データ定額サービスの定額料を12ヶ月間割引

通常、ソフトバンク契約時には契約事務手数料がかかりますが、この特典を適用すれば契約事務手数料0円でワイモバイルからソフトバンクに乗り換えることができます。

更に、条件を満たせば無制限プランである「メリハリ無制限」の月額料金が毎月2,838円割引されます。

これにより、メリハリ無制限を1年間お得な価格で利用する事が可能です。

また、適用条件などワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典については、「こちら」でご確認ください。

関連記事
【お得!ワイモバイルからソフトバンク乗り換え特典を解説】割引適用で機種代金・月額料金が安くなる!

続きを見る

【オンライン限定】web割

画像引用元:ソフトバンク

web割は、対象窓口で乗り換え手続きを行う、対象機種を購入するなど適用条件を満たすと、機種代金が最大21,984円割引になるキャンペーンです。

そのため、ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える際に、機種の購入を考えている方にはおすすめのキャンペーンとなっています。

ただし、web割を利用するためには、適用条件を満たす必要があります。

適用条件など、web割については「こちら」でご確認ください。

※「ソフトバンクオンラインショップ」、「ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイト」または「ソフトバンク電話店」

【オンライン限定】U22 web割

画像引用元:ソフトバンク

U22 web割は、5歳~22歳であることなど適用条件を満たすと、機種代金が最大21,984円割引になるキャンペーンです。

そのため、こちらもワイモバイルからソフトバンクに乗り換える際に、機種の購入を考えている5歳~22歳(使用者の年齢)の方にはおすすめのキャンペーンとなっています。

ただし、このキャンペーンはソフトバンクオンラインショップで機種を購入する、受け取り方法は「自宅受け取り」を選択する必要があるなどの適用条件が設定されています。

適用条件など、U22 web割については「こちら」でご確認ください。

基本料初月0円特典(ソフトバンク)

画像引用元:ソフトバンク

基本料初月0円特典(ソフトバンク)とは、ワイモバイル、LINEMO、LINEモバイルから乗り換えで、ソフトバンクの下記の料金が初月0円となるキャンペーンです。

  • 基本料
  • データ定額サービス料
  • 対象のオプションサービス料、月額使用料

ただし、機種購入代金やメールアドレス持ち運びの利用料金など、対象外となる料金もあるのでその点にはご注意ください。

また、基本料初月0円特典(ソフトバンク)の詳細については、「こちら」をご覧ください。

ヤフー限定割引クーポン

画像引用元:Yahoo!携帯ショップ

ヤフー限定割引クーポンとは、「メリハリ無制限/ミニフィットプラン+」契約で、12ヶ月間月額料金が1,100円割引(年間最大13,200円割引)されるキャンペーンです。

ただし、ヤフー限定割引クーポンには適用条件があること、このクーポンは対象者限定となっており、どういった方が対象者になるのかは明記されていないので、その点には注意が必要です。

また、ヤフー限定割引クーポンの取得、適用条件、クーポンの使い方については「こちら」をご覧ください。

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える際の事前準備

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える前に、下記を行っておきましょう。

  • スマホのデータのバックアップ
  • スマホのSIMロック解除
  • スマホがソフトバンクの通信方式に対応しているか

※SIMのみでの乗り換えの場合

詳しくは、下記より解説していきます。

Webなら事務手数料無料

スマホのデータのバックアップをとる

ソフトバンクへの乗り換え手続きを行う前に、スマホのデータのバックアップをとっておきましょう。

何故なら、乗り換え手続きの途中で、もしスマホのデータが消えてしまったとしても、それはすべて自己責任となるためです。

そのため、スマホのデータのバックアップはとっておいたほうがいいでしょう。

また、スマホのデータバックアップ方法は、利用しているスマホのOSによってやり方が異なります。

バックアップ方法

  • iPhoneの場合:iTunesまたはiCloud
  • Androidスマホの場合:Googleアカウントまたはバックアップアプリ

スマホのバックアップ方法について詳しくは、下記のサイトをご覧ください。

関連サイト:iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法

関連サイト:Android デバイスのデータをバックアップ、復元する

スマホのSIMロック解除を行う

ソフトバンクでは、2021年8月18日よりブランド間(ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO)で乗り換えをする場合、自動的にSIMロック解除手続きが行われるようになっています。

そのため、ワイモバイルスマホをソフトバンクで使用する場合には、SIMロック解除手続きは不要です。

SIMロック解除手続きは自動で行われるようになりましたが、実際にスマホのSIMロックを解除するためには、端末側で操作が必要になる場合があります。

ワイモバイルで購入したスマホのまま、ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える場合、スマホのSIMロック解除が必要になります。

というのも、ワイモバイルで購入したスマホには、ワイモバイルのSIMロックがかかっており、その状態のままでは他社のSIMカードを挿入しても利用することができないためです。

SIMロック解除手順

  1. My Y!mobile」にログイン
  2. 「契約確認変更」→「もっとみる」をタップ
  3. ページをスクロールし「SIMロック解除の手続き」をタップ
  4. IMEI番号を入力し「解除手続きする」をタップ
  5. SIMロック解除受付完了
  6. ワイモバイル以外のSIMカードをスマホに挿入する(解除コードの入力が必要な場合は入力)

※IMEI番号の確認方法は「こちら

ワイモバイルスマホのSIMロック解除手続きは、My Y!mobileなどで行うことができるようになっています。

ただし、SIMロック解除を行うためには、そのスマホがSIMロック解除対象機種で、SIMロック解除ができる期間を迎えている必要があります。

ワイモバイルでのSIMロック解除について詳しくは、「こちら」でご確認ください。

SIMフリー端末・SIMロック解除済み端末を使用する場合、乗り換え時にソフトバンクでスマホを購入する場合は、SIMロック解除不要です。

持ち込むスマホがソフトバンクの通信方式に対応しているか確認する

他社で購入したスマホを、ソフトバンクに持ち込んで使用する場合、そのスマホがソフトバンクの通信方式(周波数帯)に対応しているか確認しておきましょう。

というのも、スマホがソフトバンクの通信方式(周波数帯)に対応していない場合、そのスマホはソフトバンクで使用することができないためです。

そのため、他社のスマホをソフトバンクで使用するなら、「こちら」で通信方式(周波数帯)を確認しておく、またはソフトバンクに問い合わせるなど、そのスマホがソフトバンクで使用できるかどうか、確認しておいたほうがいいでしょう。

他社スマホを使用する場合はすべて自己責任

もし、他社で購入したスマホにソフトバンクのSIMカードを挿入して動作しなくても、それはすべて自己責任となります。

というのも、ソフトバンク公式サイトには下記のように記載されているためです。

他社が販売する製品をソフトバンクのUSIMカードでご利用になることに起因にする事象などについて、当社に故意や重過失がある場合を除き、当社は一切の責任を負いません。

引用元:ソフトバンク

そのため、他社で購入したスマホをソフトバンクに持ち込んで使用する場合、もし使用できなくてもそれはすべて自己責任ということは理解しておきましょう。

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換える方法・手順

ここからは、ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイトを利用して、ソフトバンクに乗り換える方法・手順について解説していきます。

ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイトでは、下記のような流れで乗り換え手続きを行うようになります。

流れ

  1. 必要なものを用意する
  2. ソフトバンクへの乗り換え手続きを行う
  3. 回線切り替え手続きを行う

詳しくは、下記より解説していきます。

Webなら事務手数料無料

手順①:必要なものを用意する

ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイトから、乗り換え手続きを行う場合、下記のものが必要になるので用意しておきましょう。

必要なもの

  • My Y!mobileへのログイン情報

乗り換え手続き時には、My Y!mobileへログインする必要があるので、ログインするための情報(携帯電話番号・パスワード)が必要となります。

ソフトバンクでは、2021年8月18日よりブランド間(ソフトバンク・ワイモバイル・LINEMO)の乗り換え手続きの簡素化のため、ブランド間で乗り換えをする場合はMNP予約番号は不要となりました。

手順②:ソフトバンクへの乗り換え手続きを行う

画像引用元ソフトバンク

【手順①】
ソフトバンクオンラインショップの「こちら」のページにアクセスし、特典内容をよく確認し「お申し込みはこちら」をタップ

Webなら事務手数料無料

画像引用元ソフトバンク

【手順②】
申し込み手続きを行う窓口を選択

ソフトバンクオンラインショップを利用する場合は、オンラインショップの「購入する」をタップ

画像引用元:ソフトバンク

【手順③】
購入する機種を選択

画像引用元:ソフトバンク

【手順④】
受け取り方法を選択し、お手続きでは「Y!mobileからのりかえ」にチェックをいれ、画面の指示に従って手続きを進めていけば、手続き完了

手順③:商品が届いたら回線をソフトバンクに切り替える

出荷完了メールが届いてから数日程度で、商品が届くようになります。

商品が届いたら、商品に同梱されている書類を見ながら、回線切り替え手続きを行います。

回線切り替え手続き

  1. スマホにSIMカードを挿入する
  2. 「WEB切り替え手続きページ」にて回線切り替えを行う
  3. 電波の受信を確認する

回線切り替え手続きは、電話をかけるだけなので難しいものではありません。

回線切り替え手続き後、ソフトバンクの電波を受信できるようになったら、回線切り替えは完了です。

SIMカードの出荷から10日以内に切り替え手続きが完了していない場合、ソフトバンク側で回線切り替え手続きを行うようになります。

必要であればデータ移行を行う

ワイモバイルで使用していたスマホから、ソフトバンク乗り換え時に購入したスマホにデータを移したい場合、データ移行を行いましょう。

  • iPhone:iTunesやiCloudからバックアップを復元、iPhoneから直接転送
  • Androidスマホ:Googleアカウントのバックアップを復元

iPhoneのデータ移行方法については詳しくは「こちら」を、Androidスマホのデータ移行方法について詳しくは「こちら」をご覧ください。

また、LINEアプリなど、スマホのデータ移行だけでは移行できないデータに関しては、個別に引き継ぎ手続きが必要なので、詳しくは各アプリの公式サイトをご覧ください。

関連サイト:【最新版】 LINEのアカウントを引き継ぐ方法

【補足】ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える際にキャッシュバックを貰う方法

ちなみに、ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える際に、キャッシュバックを貰いたいと考えているなら、スマホ乗り換え.comを利用した乗り換えがおすすめです。

スマホ乗り換え.comとは、ソフトバンクの正規販売代理店でスマホ乗り換え.comから乗り換え手続きを行えば、キャッシュバックを貰うことができます。

手続きの流れ

  1. スマホ乗り換え.com公式サイトにアクセス
  2. 問い合わせフォーム(プラン見積もり・お申込み)をタップ
  3. 必要事項を入力し送信
  4. スマホ乗り換え.comからメールまたは電話で特典内容などについての連絡
  5. 申し込み(メールまたは電話で必要情報をヒアリング)
  6. 手続きに必要なものを用意
  7. 申し込み手続き
  8. 端末の発送
  9. 端末到着
  10. 回線切り替え手続き
  11. キャッシュバック受け取り

また、キャッシュバックを貰うための条件があるので、詳しくはスマホ乗り換え.com公式サイトをご確認ください。

関連サイト:【スマホ乗り換え.com】

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える際のよくある質問

よくある質問

  • 電話番号は変わる?
  • 料金は安くなる?
  • 手続きは店舗とネットどっちがお得?
  • 機種代金一括0円キャンペーンはある?

最後に、ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える際の、よくある質問を紹介します。

Webなら事務手数料無料

電話番号は変わる?

ワイモバイルからソフトバンクに乗り換えたら、電話番号は変わるのかな?

乗り換えであれば、ワイモバイルで使用していた電話番号をそのままソフトバンクでも使用することができます。

ただし、ワイモバイルを解約した後ソフトバンクに申し込むと、それは乗り換えではないので電話番号を引き継ぐことはできません。

料金は安くなる?

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えたら、料金は安くなる?

基本的には、ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは、月額料金が安くなることはありません。

ですが、ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典を利用し、ソフトバンクでネットとのセット割などを適用させれば、一時的に月額料金を安くすることは可能です。

画像引用元:ワイモバイル

ただし、ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典の適用が終了する14ヶ月目以降になると、月額料金は高くなるので注意が必要です。

そのため、ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典適用終了後以降、月々の携帯代が高いと感じるようであれば、ワイモバイルや格安SIMへ乗り換えを検討したほうがいいでしょう。

手続きは店舗とネットどっちがお得?

ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換え手続きは、店舗とネットどっちがお得なの?

お得にワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えたいなら、ネットでの手続きがおすすめです。

何故なら、ウェブからの乗り換えならweb割が利用できるためです。

web割とは、対象機種が安く購入することができる、機種代金値引きキャンペーンです。

例えば、ソフトバンクへ乗り換える際にiPhone 13を購入する場合なら、機種代金が21,600円(税込)値引きされます。

このキャンペーンは、店舗では利用する事ができないので、お得にワイモバイルからソフトバンクへ乗り換えたいなら、ネットで乗り換え手続きを行うことをおすすめします。

また、web割のキャンペーン概要については、ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイトでご確認ください。

機種代金一括0円キャンペーンはある?

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換える場合、機種代金一括0円キャンペーンは利用できる?

店舗・ネットどちらでも、機種代金一括0円キャンペーンはありません。

何故なら、2019年10月の法改正で、過度なキャッシュバックや端末割引が規制されたためです。

ですが、ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイトからの乗り換えであれば、月々の機種代金が1円の機種も存在します。

そのため、ソフトバンクに乗り換えるにあたって安い機種が欲しいなら、ワイモバイルからソフトバンクへののりかえ専用サイトを確認してみることをおすすめします。

機種のラインナップ・機種代金等は、今後ワイモバイル・ソフトバンクの都合で変更される可能性が考えられます。

ワイモバイルからソフトバンクへ乗り換え・まとめ

まとめ

  • ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えはメリットだけでなくデメリットもある
  • 乗り換えるならデメリットも理解しておく
  • ソフトバンクへ乗り換えるとワイモバイルのメールアドレスは使えなくなる
  • 2021年12月20日よりメールアドレス持ち運びを利用すればワイモバイルのメールアドレスが引き継げるようになった
  • ワイモバイルで機種代金の残債がある場合は乗り換えても支払いは続く
  • タイミング的には月末付近にソフトバンクが利用できるように乗り換えるのがベスト
  • 月末ギリギリでの乗り換え手続きは避けたほうがいい
  • 乗り換え前にはスマホのデータのバックアップをとっておく
  • ワイモバイルのスマホを持ち込んで使用するならSIMロック解除が必要
  • 2021年8月18日よりブランド間で乗り換えをする場合自動的にSIMロック解除手続きが行われるようになった
  • 持ち込むスマホがソフトバンクの通信方式(周波数帯)に対応していないと使用できない
  • 他社スマホをソフトバンクに持ち込んで使用できなくてもそれはすべて自己責任
  • ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えはお得なキャンペーンが利用できる
  • スマホ乗り換え.comを利用しての乗り換えならキャッシュバックが貰える

Webなら事務手数料無料

関連サイト:【スマホ乗り換え.com】

-ワイモバイル
-, , ,

© 2024 SIMモバ