ワイモバイル

【安くない?】ワイモバイルは月額料金が高いって本当?

ワイモバイルって料金が安くない・高いって聞くけど、本当のところどうなんだろう?

こんな疑問にお答えします。

結論から言うと、ワイモバイルは料金が安くない・高いということはなく、大手キャリアと比較すると安い価格設定になっています。

しかし、ワイモバイルよりも月額料金が安い格安SIMも存在し、そういった格安SIMと比較すると安くないというのも事実です。

そこでこの記事では、

本記事の内容

  • 他社とワイモバイルの料金の比較
  • ワイモバイルの利用料金が高くなってしまう原因
  • ワイモバイルが安くないと感じる場合どうするべきか

など、ワイモバイルの月額料金は安くないのか・高いのかについて解説していきます。

\ 公式サイトはこちら /

ワイモバイルで利用できる料金プランと月額料金

画像引用元:ワイモバイル

まずは、ワイモバイルで利用できる料金プランと月額料金について説明します。

ワイモバイルでは、シンプルS/M/Lという料金プランを提供しており、シンプルS/M/Lは下記のような料金プランとなっています。

シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
割引適用時 990円 2,090円 2,970円
高速データ通信容量 3GB 15GB 25GB
オプション適用時 5GB 20GB 30GB
通信方式 4G/5G
通話料 30秒につき22円

※家族割引サービスorおうち割光セット(A)

シンプルS/M/Lには、高速データ通信容量が異なる3つのプランが用意されており、ワイモバイルに申し込むと上記のいずれかのプランを利用するようになります。

関連記事
【ワイモバイルのシンプルS/M/Lのプラン内容を解説】旧プランとの違いも紹介!

ワイモバイルのシンプルプランって、どんな料金プランなんだろう? プラン内容とか申し込み方法についても知りたい。 こんな疑問にお答えします。 ワイモバイルでは、2021年2月18日より新料金プラン「シン ...

続きを見る

ワイモバイルの料金は安くない・高いのか

ワイモバイルの料金は安いのか・高いのかについてですが、結論から言うと下記のようになります。

結論

  • 大手キャリアと比較するとワイモバイルは安い
  • オンライン専用プランと比較するとワイモバイルのほうが高い場合もある
  • 格安SIMと比較するとワイモバイルは高い

ワイモバイルの料金は、大手キャリアよりは安いものの、格安SIMと比較すると安くはないと言えます。

詳しくは、下記より解説していきます。

月額料金等は、今後各携帯電話会社の都合で変更となる可能性があります。

大手キャリアと比較するとワイモバイルは安い

ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリアと比較すると、ワイモバイルの月額料金は安いと言えます。

ドコモ
(5Gギガライト)
au
(ピタットプラン 5G・2年契約N未加入)
ソフトバンク
(ミニフィットプラン+)
ワイモバイル
(シンプルS/M/L)
~1GB 3,465円 3,465円 3,278円 -
~2GB - - 4,378円 -
~3GB 4,565円 - 5,478円 -
~4GB - 5,115円 - -
~5GB 5,665円 - - -
~7GB 6,765円 6,765円 - -
3GB - - - 2,178円
15GB - - - 3,278円
25GB - - - 4,158円

上記は、大手キャリアとワイモバイルの月額料金の比較です。

大手キャリアは段階式プラン、ワイモバイルは定額制プランなので、料金プランの性質が異なるため一概に比較はできませんが、月額料金はワイモバイルのほうが安いのがわかるかと思います。

オンライン専用プランと比較するとワイモバイルのほうが高い場合もある

大手キャリアが提供しているオンライン専用プランと比較すると、ワイモバイルのほうが月額料金は高くなります。

ahamo Povo LINEMO ワイモバイル
3GB - 990円 990円 2,178円
15GB - - - 3,278円
20GB 2,970円 2,700円 2,728円 -
25GB - - - 4,158円

例えば、データ容量3GBの料金で比較すると、ワイモバイルよりもオンライン専用プランのほうが月額料金はお得です。

ただし、ワイモバイルで割引を適用させると、下記のようになります。

シンプルS シンプルM シンプルL
高速データ通信容量 3GB 15GB 25GB
割引適用後の月額料金 990円 2,090円 2,970円

※家族割引サービスorおうち割光セット(A)

単純に料金だけで比較するとオンライン専用プランのほうが安くなりますが、ワイモバイルで割引を適用させると、料金はオンライン専用プランと同等となります。

格安SIMと比較するとワイモバイルは高い

格安SIMと比較すると、ワイモバイルのほうが月額料金は高くなります。

というのも、格安SIMではワイモバイルで一番月額料金が安いプランよりも、安いプランを提供しているためです。

また、格安SIMでは3GB以下のプランも用意されていることがあり、そういった料金プランであれば、月額料金は更に安くなっています。

そのため、格安SIMと比較した場合には、ワイモバイルのほうが月額料金は高いと言えます。

ワイモバイルを利用すべきかどうかの選択基準

上記の通り、比較する携帯電話会社によっては、ワイモバイルの月額料金は高いと言えます。

ですが、月額料金の安さだけでなく、通信品質やサポートも重要と考えているなら、ワイモバイルがおすすめです。

理由

  • ワイモバイルは通信速度が安定している
  • ワイモバイルは店頭でサポートを受けれる

ワイモバイルよりも月額料金の安い格安SIMも存在しますが、格安SIMを利用する場合、場所や時間帯によって通信速度が大幅に遅くなることがあります。

しかし、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドということで、通信速度は安定しています。

また、オンライン専用プランは基本的に店頭でのサポートは受け付けていないので、わからないことがある場合自分で解決する必要があります。

一方、ワイモバイルには店舗があるので、サービスについてなどわからないことがあっても、ショップに行けばサポートを受けることができます。

このことから、月額料金の安さはもちろんのこと、通信品質やサポートも求める方には、ワイモバイルがおすすめです。

ワイモバイルの利用料金が高くなってしまう原因

月額料金の安さに惹かれて、ワイモバイルに申し込んでみたものの、思ったより利用料金が安くないと感じている方も多いようです。

そのような場合、下記のような原因が考えられます。

原因

  • 利用しているオプションサービスが多い
  • 通話料がかさんでいる
  • 留守番電話を多用している
  • 機種代金の支払いがある

ワイモバイルの料金プランの月額料金は安く設定されていますが、利用しているオプションサービスが多いなどの場合には、ワイモバイルの利用料金は高くなってしまうので注意が必要です。

そのため、ワイモバイルに申し込んだものの、思ったより利用料金が安くないといったことにならないためにも、ワイモバイルで利用料金が高くなる原因は把握しておいたほうがいいでしょう。

利用しているオプションサービスが多い

ワイモバイルには様々なオプションサービスが用意されていますが、加入しているオプションサービスが多いとワイモバイルの月々の利用料金は高くなります。

というのも、オプションサービスにはそれぞれ月額料金が設定されているためです。

もし、様々なオプションサービスに加入すると、その分ワイモバイルの月々の利用料金は高くなってしまいます。

そのため、オプションサービスは必要なものだけを利用するようにしましょう。

通話料がかさんでいる

電話をかけることが多いという場合、ワイモバイルの利用料金は高くなってしまいます。

何故なら、ワイモバイルのシンプルS/M/Lには、通話無料サービスは付属しておらず、電話をかけると30秒につき20円(税込22円)の通話料が発生するためです。

つまり、電話をかける回数が多い・通話時間が長い場合、通話料がかさんでしまうため、ワイモバイルの利用料金が高くなってしまいます。

対処法

  • LINEアプリを使用して通話をする
  • スーパーだれとでも定額(S)に加入する

通話料が原因で、ワイモバイルの利用料金が高くなっていると考えられる場合、LINEアプリを使用して通話をする、またはスーパーだれとでも定額(S)に加入して電話をかけ放題にすれば、通話料を節約することができます。

スーパーだれとでも定額(S)を利用するためには、月額料金がかかります。

留守番電話を多用している

ワイモバイルでは、留守番電話サービスが利用できますが、伝言メッセージを聞く際には通話料が発生します。

また、電話がかけ放題になるオプションサービスに加入していたとしても、留守番電話サービスの通話料は発生します。

そのため、留守番電話を多用すると、ワイモバイルの月々の利用料金が高くなってしまうのでご注意ください。

機種代金の支払いがある

ワイモバイルの契約手続き時に、スマホを分割払いで購入するとワイモバイルの利用料金は高くなってしまいます。

何故なら、料金プランの月額料金には、機種代金は含まれていないためです。

  • 料金プランの月額料金
  • 機種代金の分割金

ワイモバイルでは、上記を合算したものが、ワイモバイルの月々の利用料金として請求されます。

つまり、ワイモバイルでスマホを購入すると機種代金の支払いが終わるまで、月々の利用料金は高いままなので覚えておきましょう。

ワイモバイルの料金が安くない・高いと感じるなら

もし、ワイモバイルの月額料金が安くない・高いと感じるのであれば、ワイモバイルよりも月額料金が安い格安SIMを検討してみましょう。

BIGLOBEモバイル料金例
プランS プランR プランM
月額料金 980円(税込1,078円) 1,200円(税込1,320円) 1,700円(税込1,870円)
高速データ通信容量 1GB 3GB 6GB

例えば、BIGLOBEモバイルなら最安で月額980円(税込1,078円)、ワイモバイルで一番安いシンプルSと同じ高速データ通信容量のプランRなら月額1,200円(税込1,320円)で利用する事ができます。

ただし、BIGLOBEモバイルなどの格安SIMを利用する場合、場所や時間帯によっては、通信速度が大幅に遅くなる可能性があります。

そのため、格安SIMを利用する場合、ワイモバイルよりも月額料金を安く抑えることができますが、その反面上記のようなデメリットもあるということは理解しておきましょう。

料金プラン等は、BIGLOBEモバイルの都合で変更される可能性があるため、詳しくはBIGLOBEモバイル公式サイトでご確認ください。

ワイモバイルの月額料金は安くないのか・まとめ

まとめ

  • ワイモバイルは料金が安くない・高いということはない
  • 大手キャリアと比較するとワイモバイルは安い
  • オンライン専用プランと比較するとワイモバイルのほうが高くなることもある
  • 格安SIMと比較するとワイモバイルのほうが高い
  • ワイモバイルには通信速度が安定しているなどもメリットもある
  • そういったメリットを考えるとワイモバイルの月額料金は妥当
  • ワイモバイルの料金が高いという場合様々な原因が考えられる
  • 利用しているオプションサービスが多いなどの場合には利用料金は高くなる
  • ワイモバイルが高いと感じるならもっと料金が安い格安SIMへの乗り換えを検討する

-ワイモバイル
-, ,

© 2021 SIMモバ