ワイモバイル

【ワイモバイルで審査落ちになる原因と通過しやすくする方法】審査時間についても解説!

ワイモバイルの審査に落ちて、申し込めなかった・・・
こんな場合は、どうしたらいいんだろう?

こんな疑問にお答えします。

ワイモバイルの審査で審査落ちになってしまった場合、審査落ちになると考えられる原因を理解した上で、再度申し込みをしてみましょう。

そこでこの記事では、

本記事の内容

  • ワイモバイルの審査は厳しいのか
  • ワイモバイルの審査で審査落ちになると考えられる原因
  • ワイモバイルの審査はどれくらい時間がかかるのか

など、ワイモバイルの審査について解説します。

\ 公式サイトはこちら /

ワイモバイルの審査について

ワイモバイルでは、下記のような手続きを行う場合に審査が行われます。

  • 新規契約
  • 乗り換え(MNP転入)
  • 機種変更

ワイモバイルでは、新契約や他社からの乗り換え時だけでなく、機種変更を行う際にも審査が行われるようになります。

また、ワイモバイルではSIMカードのみでも申し込みができますが、SIMカードのみでの申し込みであっても審査はあるので、その点は理解しておきましょう。

ワイモバイルオンラインストアでも審査が行われる

ワイモバイルにはオンラインストアがあり、ネットからでも新規契約や乗り換えなどの手続きを行うことができます。

ですが、ネットからの申し込みとは言え、審査は行われます。

ワイモバイルオンラインストアから申し込めば、審査なしでワイモバイルに申し込めるわけではないので、ご注意ください。

ワイモバイルの審査は甘いのか厳しいのか

上記の通り、ワイモバイルに申し込む場合審査が行われますが、ワイモバイルの審査は甘いのか厳しいのかについてはわかりません。

何故かと言うと、ワイモバイルでは具体的にどういった審査を行うのかといった、審査基準は公開していないためです。

もし、審査基準を公開してしまうと、損失を被ることになりかねないためワイモバイルだけでなく、ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアでも審査基準は非公開となっています。

そのため、ワイモバイルではどういう審査を行っているのか、審査は甘いのか厳しいのかについては不明となっています。

ワイモバイルの審査に通らない・審査落ちになると考えられる原因

ワイモバイルでは契約時に審査が行われ、審査の結果審査落ちになってしまうこともありますが、審査落ちになっても何が原因だったのかは教えてくれません。

また、上記の通りワイモバイルは審査基準を公開していないので、どういった内容で審査を行っているかはわかりません。

しかし、ワイモバイルで審査落ちになってしまうと考えられる原因は存在します。

原因

  • 携帯電話料金の未払いがある
  • 機種代金を分割払いにした
  • 直近でソフトバンクまたはワイモバイルを解約した
  • 本人確認書類に不備がある
  • 本人確認書類の情報と入力した情報が一致していない
  • MNP転出元名義とワイモバイルの契約者名義が異なる
  • クレジットカードの有効期限が切れている
  • 借金やローンの延滞が多い
  • MNP予約番号の有効期限が切れている
  • 上限(5回線)を超えて契約しようとしている
  • 未成年者が契約しようとしている
  • 機種代金の残債がかなり残っている

審査落ちになると考えられる原因を把握していれば、少なからず審査に通りやすくはなるかと思います。

そのため、ワイモバイルで審査落ちになりたくない方、ワイモバイルで審査落ちになってしまった方は、審査落ちになると考えられている原因を把握した上で、再度申し込みをしてみましょう。

上記を踏まえて申し込みをすれば、必ず審査に通るわけではないので、その点は理解しておきましょう。

携帯電話料金の未払いがある

現在契約中の携帯電話会社、または過去に利用していた携帯電話会社に利用料金の未払いがある場合、ワイモバイルに乗り換えようとしてもワイモバイルの審査で審査落ちとなってしまいます。

例えば、現在はソフトバンクと契約中で、ワイモバイルに乗り換えようとしている場合、ソフトバンクに利用料金の未払いがあるとワイモバイルに乗り換えようとしても、審査落ちとなり乗り換えることができません。

利用料金の未払いが原因で、ワイモバイルで審査落ちになったと考えられる場合、携帯ショップに行って滞納している利用料金をすべて支払えば、ワイモバイルの審査に通る可能性があります。

機種代金を分割払いにした

ワイモバイルでスマホなど機種を購入する際、機種代金の支払いを分割払いにした場合、それが原因で審査落ちになった可能性が考えられます。

機種代金のお支払方法が「分割払い」の場合、審査が通らないことがございます。

引用元:ワイモバイルオンラインストア

機種代金の支払いを分割払いにすると、分割審査(割賦審査)が行われるようになるため、審査が厳しくなるので注意が必要です。

そのため、機種代金の分割払いが審査落ちの原因と考えられる場合、機種代金の支払い方法を「一括払い」にして、再度ワイモバイルに申し込んでみましょう。

一括払いの場合、分割審査(割賦審査)は行われないので、一括払いでワイモバイルに申し込めば審査に通る可能性もあります。

出費を抑えたいならSIMカードのみで申し込む

機種代金一括払いだと、金銭的負担が大きいという場合には、SIMカードのみでワイモバイルに申し込むという方法もあります。

SIMのみ契約のメリット

  • 機種代金を節約できる
  • 分割審査がない

SIMカードのみでの契約は、ワイモバイル契約時にスマホを購入しない契約方法です。

ワイモバイルで使用できるスマホをお持ちであれば、SIMカードのみで契約をしワイモバイルでそのスマホを使用すれば、新しく機種を購入する必要がないので、機種代金を節約することができます。

また、分割審査とは機種代金を分割払いにした場合に行われる審査ですが、SIMカードのみでの契約の場合機種は購入しないので、分割審査で審査落ちになることはないと考えられます。

ワイモバイルで使用できる他社スマホについては、下記のサイトをご覧ください。

関連サイト:ワイモバイル「他社の販売する携帯電話をワイモバイルで利用する

直近でソフトバンクまたはワイモバイルを解約した

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、直近でワイモバイルまたはソフトバンクを解約・他社へ乗り換え(MNP転出)をしていると、ワイモバイルで審査落ちの原因になってしまいます。

というのも、ワイモバイルに申し込んでも、すぐに解約する可能性があると判断されてしまうためです。

例えば、ソフトバンクを2回線契約していて、

  • ソフトバンク1回線目:UQモバイルに乗り換え
  • ソフトバンク2回線目:ワイモバイルへ乗り換え

上記のように、ソフトバンク1回線目をUQモバイルに乗り換えた後、すぐにソフトバンク2回線目をワイモバイルに乗り換えようとすると、直近でソフトバンクから他社に乗り換えをしているため、ワイモバイルで審査落ちになる可能性があります。

もし、直近でソフトバンクまたはワイモバイルを解約・他社に乗り換えをしていることが、ワイモバイルの審査落ちの原因と考えられる場合、現在契約中の携帯電話会社をしばらく利用した後に再度ワイモバイルへ申し込む、または他の格安SIMの利用を検討してみましょう。

ワイモバイルと同等の格安SIMなら「UQモバイル」がおすすめ

ワイモバイルと同等の格安SIMを利用したいのであれば、UQモバイルがおすすめです。

UQモバイルはau回線を使用した格安SIMで、ワイモバイル同様に通信速度が安定しているので、快適に利用する事ができます。

本人確認書類に不備がある

ワイモバイルオンラインストアで契約手続きを行う場合、本人確認書類をカメラなどで撮影しアップロードするようになります。

しかし、本人確認書類に記載されている情報が読みとれない不鮮明な写真をアップロードすると、審査落ちの原因となってしまいます。

本人確認書類のNG例

  • ぼやけている
  • 光が反射している
  • 影が入っている

このような場合、誰が見てもはっきりと情報が読みとれる鮮明な本人確認書類の画像を撮影し、再度ワイモバイルに申し込む際にその画像をアップロードすれば、審査に通る可能性があります。

条件を満たした本人確認書類が必要

本人確認書類には、それぞれ条件が設定されており条件を満たしていない場合、審査落ちになる可能性があります。

そのため、ワイモバイル契約手続きの際には、条件を満たした本人確認書類を使用しましょう。

具体的に、本人確認書類にはどんな条件が設定されているのかについては、下記のサイトでご確認ください。

関連サイト:ワイモバイル「本人確認書類のアップロードについて」

本人確認書類の情報と入力した情報が一致していない

ワイモバイルオンラインストアから申し込む場合、名前などの契約者情報を入力する欄があります。

その際、契約者情報に入力する情報と、本人確認書類に記載されている情報は同じである必要があります。

NG例

  • 本人確認書類:1丁目2-3
  • 入力した情報:1-2-3

例えば、本人確認書類の住所欄には「1丁目2-3」と記載されているのに、オンラインストアでの住所入力欄に「1-2-3」と入力すると審査落ちになる可能性があります。

本人確認書類の情報と入力した情報の不一致が審査落ちの原因と考えられる場合、契約者情報入力欄を本人確認書類に記載されている通り入力すれば、審査に通る可能性があります。

MNP転出元名義とワイモバイル契約者名義が異なる

MNP転出元名義とワイモバイル契約者名義が異なる場合、それが審査落ちになった原因と考えられます。

というのも、ワイモバイルではMNP転入元の契約者名義とワイモバイルの契約者名義は同一である必要があり、公式サイトにも下記のように記載されています。

のりかえ元の契約名義とお申し込み(ご契約)名義が同一でない場合は受付できません。

引用元:ワイモバイル

名義が同一の正しい例

  • MNP転入元の契約者名:自分
  • ワイモバイルの契約者名:自分

例えば、上記のようにMNP転入元契約者名義とワイモバイルの契約者名義が同じである場合は問題ありません。

名義が異なっているNG例

  • MNP転入元の契約者名:父
  • ワイモバイルの契約者名:自分

しかし、上記のようにMNP転入元の契約者名とワイモバイルの契約者名が異なる場合には、ワイモバイルの審査で審査落ちになってしまう可能性があります。

もし、ワイモバイルに乗り換えるにあたって契約者を「自分」にしたいのであれば、現在契約中の携帯電話会社で名義変更を行い「自分」を契約者に変更した後、ワイモバイルに申し込みましょう。

クレジットカードの有効期限が切れている

ワイモバイルで使用するクレジットカードの有効期限が切れている場合、支払いに使用できないので審査落ちの原因となってしまいます。

そのため、ワイモバイル申し込み前にはクレジットカードの有効期限を確認し、有効期限内のクレジットカードを使用するようにしましょう。

もし、有効期限内のクレジットカードがない場合、新しくクレジットカードを発行するか、ワイモバイルショップなどから口座振替で申し込みましょう。

借金やローンの延滞が多い

携帯電話利用料金を滞りなくしっかり支払っていたとしても、借金またはローンの延滞が多いような場合には、ワイモバイルの審査で審査落ちになってしまうおそれがあります。

具体的に、どの程度延滞しているといけないのかといったことは、審査基準が公開されていない以上わかりません。

しかし、借金やローンの延滞が多い場合には、ワイモバイルの審査で不利に働くと考えておいたほうがいいでしょう。

MNP予約番号の有効期限が切れている

現在契約中の携帯電話会社からワイモバイルに乗り換える場合、MNP予約番号が必要になります。

MNP予約番号には「15日間」という有効期限が設定されており、15日間を過ぎると有効期限切れとなってしまいます。

そのため、MNP予約番号取得後しばらく経ってから、ワイモバイルの乗り換え手続きを行って審査落ちになった場合、MNP予約番号の有効期限が切れていることが原因と考えられます。

このような場合、MNP予約番号を再発行し有効期限内に、ワイモバイルへの乗り換え手続きを行ってみましょう。

また、ワイモバイルオンラインストアには、MNP予約番号に関して下記のように記載されています。

オンラインストアでのお手続きにはMNP有効期限が10日間以上残っている必要があります。
有効期限が9日間以内の場合は再度MNP予約番号をお取り直しください。

引用元:ワイモバイル

オンラインストアからワイモバイルの契約手続きを行う場合、MNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないと審査落ちになってしまう可能性があります。

MNP予約番号を発行したら、すぐにオンラインストアにアクセスをして、ワイモバイルの契約手続きを行ったほうがいいでしょう。

上限(5回線)を超えて契約しようとしている

ワイモバイルは同一名義で複数の回線を契約することができますが、音声契約(スマホ・ケータイなど)の場合は、同一名義で契約できるのは5回線までと決められています。

音声契約(スマートフォン・ケータイなど):5回線まで

引用元:ワイモバイル

既にワイモバイルを5回線契約していて、更に回線を増やそうとした場合、それが原因で審査落ちになったと考えられます。

また、契約上限を超えて契約をしようとしていることが審査落ちの原因と考えられる場合、その名義ではそれ以上回線を契約することができません。

家族で申し込む場合など、ワイモバイルを5回線以上契約する場合には、契約者を分けて申し込みをしてみましょう。

未成年者が契約しようとしている

ワイモバイルオンラインストアでは、未成年の方が契約者となる申し込みは受け付けていません。

オンラインストアでは未成年のお客さまがご契約者となるお申し込みは受け付けしていません。

引用元:ワイモバイル

そのため、未成年者を契約者としてワイモバイルオンラインストアで契約手続きを行うと、審査落ちになってしまうのでご注意ください。

未成年者の申し込みの場合

  • 親にワイモバイルオンラインストアから申し込んでもらう(親名義)
  • 親権者同伴でワイモバイルショップに行って申し込む

また、未成年者の場合上記の方法であれば、ワイモバイルに申し込むことができます。

機種代金の残債が残っている

ワイモバイルで機種を分割払いで購入し、残債がかなり残っている状況で、新しい機種に機種変更しようとすると審査落ちになる可能性があります。

例えば、前機種だけでなく前々機種の支払いが残っているような状況で、機種変更する場合には注意が必要です。

そのため、ワイモバイルで機種変更する際には、現在使用している機種に残債がない状況で手続きを行ったほうがいいでしょう。

ワイモバイルの審査にはどれくらい時間がかかるのか

ワイモバイルは審査にかかる日数・時間については、

  • ワイモバイルショップ:店頭
  • ワイモバイルオンラインストア:ネット

どちらで申し込み手続きを行ったのかで異なります。

ワイモバイルショップなど店頭での審査にかかる時間・日数

ワイモバイルショップなど店頭で申し込み手続きを行った場合、その場ですぐに審査結果がわかります。

そのため、ワイモバイルショップなど店頭で契約手続きを行う場合、審査に時間はかかりません。

ワイモバイルオンラインストアでの審査にかかる時間・日数

ワイモバイルオンラインストアで契約手続きを行う場合、審査には1~3日程度時間を要します。

この日数はあくまでも目安なので、これよりも早く審査が終わることもあれば時間がかかることも考えられます。

また、手続き時に何か不備がある場合には、審査に要する時間は長くなる可能性があるので、不備がないように申し込み手続きを行いましょう。

ワイモバイルの審査について・まとめ

まとめ

  • ワイモバイルの審査は甘いのか厳しいのかは不明
  • ワイモバイルで審査落ちになってしまうと考えられる原因は複数ある
  • 携帯電話料金の未払いがある場合には審査に通らない
  • 機種代金を分割払いにすると審査が厳しくなる
  • 直近でソフトバンク・ワイモバイルを解約していると審査落ちになる可能性がある
  • 本人確認書類が見えにくい場合は審査落ちの可能性あり
  • 本人確認書類と契約者情報入力欄は一致している必要がある
  • 転出元名義とワイモバイルの契約者名義は同じである必要がある
  • 有効期限が切れていないクレジットカードが必要
  • 借金やローンの延滞が多いと審査に悪影響を及ぼす可能性がある
  • MNP予約番号には有効期限がある
  • 5回線を超えて契約しようとしている場合は審査に落ちる
  • 未成年者はワイモバイルオンラインストアでは契約者として申し込み不可
  • 機種代金の残債が残っていると審査落ちの可能性がある
  • オンラインストアの場合店舗よりも審査に時間がかかる

-ワイモバイル
-, ,

© 2021 SIMモバ