ワイモバイル

【8日キャンセル】ワイモバイルの申し込みのキャンセル方法と注意点を解説!

ワイモバイルって、申し込みをキャンセルすることはできるのかな?

こんな疑問にお答えします。

ワイモバイルでは、申し込みをキャンセルすることも可能となっています。

しかし、場合によっては申し込みのキャンセルを受け付けてもらえない場合もあるので、その点も理解しておきましょう。

そこでこの記事では、

本記事の内容

  • どんな場合に申し込みのキャンセルができるのか
  • 申し込みをキャンセルする際の注意点
  • ワイモバイルの申し込みをキャンセルする方法

など、ワイモバイルの申し込みのキャンセルについて解説していきます。

\ 公式サイトはこちら /

ワイモバイルは申し込みのキャンセル(8日間キャンセル)ができる

引用元:ワイモバイル

キャンセルされる契約内容

  1. ワイモバイルとの通信サービス契約
  2. ワイモバイル/販売店との商品売買契約
  3. ワイモバイルとの個別信用購入あっせん契約/割賦購入契約

※1の契約に付随して締結された端末(携帯電話機や付属品など)の売買契約

ワイモバイルでは、申し込みのキャンセルが可能となっています。

というのも、ワイモバイルでは

  • 自宅・勤務先・通学先などの電波状況が不十分な場合
  • 十分な説明がなされていなかった場合
  • 契約書面が交付されていない場合

上記のような場合に、サービス提供開始日または契約書面受領日のいずれか遅いほうから、当該日を含む8日間申し込みのキャンセルが可能となっているためです。

また、ワイモバイルの店舗で申し込んだ場合、ワイモバイルオンラインストアで申し込んだ場合、どちらであってもキャンセルを申し出ることができます。

そのため、上記に該当するような場合には、申し出をすれば申し込みのキャンセルが可能です。

ワイモバイルでは申し込みのキャンセルができない場合もある

上記の通り、ワイモバイルでは申し込みのキャンセルができます。

ですが、いかなる場合であっても申し込みのキャンセルができるわけではありません。

というのも、申告内容によってはキャンセルを受付できない場合があると、ワイモバイル公式サイトに記載されているためです。

そのため、場合によってはキャンセルを受け付けてくれないこともあるということは、理解しておきましょう。

ワイモバイルの申し込みをキャンセル(8日間キャンセル)する際の注意点

ワイモバイルの申し込みをキャンセルする場合、下記のような注意点があります。

注意点

  • キャンセルするまでの利用料金は支払う必要がある
  • 機種の返却時に破損等があると機種代金が請求される
  • 下取りに出した機種は返却されない
  • MNP転出元での契約状況の復帰はできない

キャンセルを行う際には、注意点も理解しておきましょう。

キャンセルするまでの利用料金は支払う必要がある

キャンセルの申し込みをしても、キャンセルするまでのワイモバイルの利用料金は支払う必要があります。

具体的には、月額定額料設定をされている料金(基本使用料・付加機能使用料・パケット定額料等)は、解除日当日までの日割り分の支払いが必要です。

また、従量料金(通話料・通信料・追加データ料金・コンテンツ料金・国際サービスご利用分等)に関しては、全額支払いが必要になります。

申し込みのキャンセルをしたからといって、ワイモバイルの利用料金は支払わなくていいというわけではないので、ご注意ください。

機種の返却時に破損等があると機種代金が請求される

申し込みと同時に、ワイモバイルで機種を購入した場合、その機種もキャンセルが可能です。

しかし、購入した機種に破損や水没履歴があるなど機種の状態によっては、機種代金が請求される、またはキャンセルが受付できない場合あるのでご注意ください。

下取りに出した機種は返却されない

ワイモバイルの申し込みをキャンセルしても、下取りに出した機種は返却されません。

そのため、ワイモバイル申し込み時に今まで使用していた機種を下取りに出した場合、申し込みをキャンセルしても下取りに出した機種の返却はありません。

MNP転出元での契約状況の復帰はできない

他社からワイモバイルへ乗り換えをして、ワイモバイルの申し込みをキャンセルした場合、MNP転出元・変更前機種への復帰等、契約前の状況への復帰はできません。

ワイモバイルへ新たにご加入されるお客さまがキャンセルされる場合は、契約の解除となります。契約前の状況への復帰(MNP転出元・変更前機種への復帰等)はできません。継続利用をご希望の場合は新たに契約が必要となり、電話番号の変更等が発生します。

引用元:ワイモバイル

ワイモバイル公式サイトにも、上記のように記載されています。

ワイモバイルで申し込みをキャンセルした後、転出元の携帯電話会社を再度利用したい場合、新しく契約が必要になり、その際新しく電話番号が割り当てられるようになります。

そのため、ワイモバイルの申し込みをキャンセルすると、現在使用中の携帯電話番号は使えなくなり、携帯電話番号は別の番号に変更になるということは理解しておきましょう。

ワイモバイルの申し込みをキャンセル(8日間キャンセル)する方法

ここからは、ワイモバイルの申し込みをキャンセルする方法について解説します。

キャンセルを行う場合、店舗で申し込みをしたのか、ワイモバイルオンラインストアで申し込みをしたのかによって、窓口が異なります。

店舗で申し込みをした場合のキャンセル方法

ワイモバイルのショップで申し込みをした場合、その申し込みをした店舗にキャンセルの申告をするようになります。

上記の通り、申告内容によってはキャンセルができない場合があるので、まずは申し込みをした店舗にキャンセルは可能かどうか、問い合わせをしたほうがいいでしょう。

キャンセル可能ということであれば、来店予約をして予約日時に来店しましょう。

ワイモバイルオンラインストアで申し込みをした場合のキャンセル方法

ワイモバイルオンラインストアで申し込みをした場合、契約完了前なのか契約完了後なのかによって、キャンセル方法が異なります。

キャンセル方法

  • 契約完了前:「お申し込みキャンセルのお手続き」ページ
  • 契約完了後:ワイモバイルオンラインストア事務局

また、契約完了前・契約完了後のどちらなのかによって、キャンセル可能な期間も異なるので、詳しくは下記より解説していきます。

ワイモバイル契約完了前に申し込みのキャンセルをする場合

ワイモバイル契約完了前に申し込みのキャンセルをする場合、申し込み内容によってキャンセル可能な期間が異なります。

  • 端末/SIMカードをお申し込みの場合:審査開始前まで
  • eSIMをお申し込みの場合:ご利用開始手続き実施前まで

上記の条件を満たしていれば、「こちら」のページよりキャンセル手続きができます。

キャンセル手続きの際には、WEB受注番号や契約者名を入力するようになります。

契約状況によって、キャンセルができない場合もあります。

ワイモバイル契約完了後に申し込みのキャンセルをする場合

ワイモバイル契約完了後、下記のような状況であれば申し込みのキャンセルができます。

  • ご自宅/勤務先/通学先などで電波状況が不十分な場合
  • ご契約書面が交付されていない場合

ただし、キャンセル可能な期間は、サービス提供開始日またはご契約書面受領日のいずれか遅い方から当該日を含む8日間となっているので、その点はご注意ください。

また、ワイモバイル契約完了後の申し込みのキャンセルは、ワイモバイルオンラインストア事務局に申告するようになります。

ワイモバイルオンラインストア事務局の連絡先、受付時間は下記のようになっています。

事務局

  • 連絡先:申込完了メールに記載
  • 受付時間:10:00~19:00(年中無休)

※受付時間等はワイモバイルの都合で今後変更となる可能性もあります

契約状況によって、キャンセルができない場合もあります。

ワイモバイルは申し込みのキャンセル(8日間キャンセル)ができる・まとめ

まとめ

  • ワイモバイルでは申し込みのキャンセルができる
  • キャンセルできるのは通信サービス契約・商品売買契約・個別信用購入あっせん契約/割賦購入契約
  • 自宅や勤務先などの電波状況が不十分な場合などに申し込みのキャンセルが可能
  • 申告内容によっては申し込みのキャンセルができない場合もある
  • キャンセルするまでの利用料金は支払う必要がある
  • 返却する機種に破損等がある場合は機種代金が請求される
  • 申し込みのキャンセルをしても下取りに出した機種は返却されない
  • MNP転出元での契約状況の復帰はできない
  • 店舗で申し込みをした場合はその店舗で申し込みキャンセルができる
  • ワイモバイルオンラインストアで申し込みの場合はワイモバイルオンラインストア事務局でキャンセルができる

-ワイモバイル
-, ,

© 2022 SIMモバ